事例

453分割された靴の底面にテクスチャリング

2 1分で読めます

hd-texturing-surfaces.jpg

靴メーカーは、靴底を鋳造するためにマスターを使用することが多いです。最近では、大手の靴メーカーにおいては、靴底の種類ごとに型を作るのではなく、3Dプリントで靴底を作るようになっています。各表面領域に手作業でテクスチャーを割り当てるには、かなりの時間がかかります。さらに、コンピュータでは処理できない膨大なサイズのSTLファイルを作成することになります。

Materialiseのソフトウェアは、時間とコスト効率に優れた方法で、デザインからプリントパーツまでを導き、3Dプリントの革新的な可能性を最大限に活用できるようにします。

cimq-texturing-surfaces.jpg
Materialiseによって光造形で3Dプリントされたこの靴底は、靴メーカーに型成形用の高精度なマスターとして機能します。

3Dプリントされた成形用テクスチャーマスター

Materialiseのソフトウェアのバックボーンにある4つのソリューションが、ファイルエラーを修復し、何百ものサーフェスにテクスチャリングを行い、サポートを自動生成し、最終的には膨大なデータセットを管理可能な状態に保つためのショートカットを提供する方法をご覧ください。

テクスチャリング: 80%の時間短縮

テクスチャを1つずつ適用すると、1,000面程度のテクスチャが必要な場合、膨大な時間が必要になります。Materialise 3-matic のテクスチャリングモジュールを使えば、同じタイプのテクスチャを必要とする何百ものサーフェスをサーフェスセットにグループ化し、ワンクリックでテクスチャリングできます。今回の靴底では、453の表面がきれいにテクスチャリングされて整列され、1対1のテクスチャリングに比べて少なくとも80%の時間を節約できました。

cilq-texturing-surfaces2.jpg

データ準備: 自動修正機能

最もコスト効率の良い方法で靴を造形するために、モデルの中空版を作成し、樹脂を排出するための穴を追加しました。さらに、Materialise Magics を使用して、靴底をビルドプラットフォーム上に最適な方法で配置しました。

cilq-texturing-surfaces3.jpg

サポートの自動生成: 1パーツあたり20分を節約

手作業でサポートを生成するのは非常に手間のかかる作業です。 サポート自動生成ツールe-Stageを使用することで、サポートの準備時間を大幅に短縮することができました。 Materialise e-Stage を使用することで、パーツの複雑さやサイズにもよりますが、1パーツあたりのデータ作成時間を最大20分まで短縮することができます。サポートは外側だけでなく、靴の内側の特定の中空部分もサポートしました。最小限の接触点のおかげで、仕上げ時間も短縮されました。

cilq-texturing-surfaces1.jpg

スライスベースのデータ処理: 2 GIGから5.8 MBに

モデルにテクスチャや特別な構造を適用すると、すぐにSTLファイルのサイズが非常に大きくなってしまい、操作や保存、転送が困難になります。Build  Processor のスライスベースの技術により、中継のSTLファイルのための三角形作成という手間のかかる作業が省略され、目的のジオメトリが直接スライス上に生成されるため、大きなデータが発生することはありませんでした。5.8MBのサイズのSTLファイルに453のサーフェスをテクスチャリングした結果、わずか50MBのスライススタックになりました。スライスベース技術のおかげで、約2GBのSTLファイルを回避することができました。

cilq-texturing-surfaces4.jpg

最終的には、こちらの見事なテクスチャーのマスターが完成しました!

cimq-texturing-surfaces.jpg

以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket

数語でのケーススタディー

業種

Shoe manufacturing industry 

Consumer goods

なぜこの方法で

Create a highly detailed master (including 453 textured surfaces) for casting a shoe sole

使用しているソリューション

私たちがどのように貢献したか

こちらもご覧ください

更なる感動