Materialise 3-matic

デザイン最適化ソフトウェア

3-maticは、CADデザイン、トポロジー最適化モデル、シミュレーション結果、またはスキャンデータから、メッシュレベルでデザイン修正を行うことで、粗いデータをきれいに調整することができます。3Dテクスチャ、格子構造、等角構造、スクリプトの自動化により、3Dプリント用のモデルを改良し、検証用サンプルの作成を容易にすることで、全体的な生産性を向上させることができます。 

お問い合わせ

軽量の3D造形金属ペダル

特徴

デザインの自由度

3-maticでは、製品を完全にカスタマイズし、従来の方法では不可能なモデルを作成することができます。

軽量構造で時間とコストの節約

3-maticのツールとラティスモジュールを使ってできる軽量構造で、ソリッドパーツを超えるデザインを生成し、より少ない材料で、コストと造形時間を削減することができます。 

機能詳細について 

トポロジー最適化の後処理

メッシュからCADにデータが移行する際、複雑なフリーフォームモデリング作業や有限要素解析(FEA)を用いることで生じる形状の複雑さや応力集中を防ぎ、粗い表面の再設計することができます。

テクスチャー、パターン、抜き穴

Texturing モジュールを使用すると、STLファイル内の複雑な3D形状にテクスチャ、パターン、抜き穴を適用して、機能性やデザイン性を向上させることができます。

ストラクチャー配置の豊富な選択肢

Latticeモジュールを使用することで、ストラクチャーを選択、強度を加え、クッション性、多孔性の追加が可能になります。それによりデザインの軽量化を実現、3Dプリント可能な内部および外部構造を生成することができます。 

メッシュをCADに変換する

CAD Linkモジュールを使用して、メッシュファイルをCADファイル形式に簡単に変換できます。 このツールは、パーツの解析形状を認識し、ゼロからデザインすることなく、完全なパラメトリックモデルを生成します。

設計ワークフローの自動化

Scriptingモジュールを使用して、タスクを自動化し、ファイルをより高速にコントロールして処理します。 Python API、3-maticオブジェクトや機能へのアクセス、包括的なツールキットが付属しています。 

システム要件

インスピレーション

更なる関連情報

3-maticにご関心をお持ちですか?

Materialiseのエキスパートがデモを設定して、3-maticの動作をお見せいたします。 また、このソフトウェアがどのような機能を持つのか、どのようにお客様の生産向上につなげられるか一緒に考えていきます。

お問い合わせ