EXPERT INSIGHT

ロックダウンの解除後、リスクなく生産性を高める3つの方法

6 1分で読めます

hm-production-risk.jpg

コロナ関連の制限が一部の国で解除され始めており、多くの国が生産を拡大する方法を模索しています。しかし、今日のビジネスは、ロックダウンが始まる前の数ヶ月前とは異なります。予算の縮小、不確実な需要、リソースの逼迫に直面しているかもしれませんが、製品開発計画を止めている場合ではありません。むしろ、これまでのビジネスのやり方を見直し、リスクを最小限に抑えた新しいアプローチで前に進むべき時なのです。

ビジネスを軌道に乗せる過程で、3Dプリントが意味を持つ可能性は十分にあります。今回のブログでは、市場の準備ができているかどうかをテストし、実現可能性を確認し、さらには本格的な生産に移行する方法を探っていきます。第1回目は、3Dプリントされた部品がいかに社員の健康維持に役立つかを紹介しました。第2回目は、ラピッドプロトタイピングの利点を具体的に見てみました。
製造技術としての3Dプリントに、何が可能なのかを今一度考え、生産を加速させるのにどのように役立つのか、考えてみてください。

1. 段階的量産で市場の状況を検証

3Dプリントで需要に合わせて供給を拡大しましょう。 プロトタイプを検証した後、本格的な生産に移る前に、3Dプリントは段階的な量産への移行ステップを支援します。

プロトタイピングのための3Dプリントの利点はよく知っていても、この技術が最終製品にもたらす利点をご存じないかもしれません。 量産には品質、信頼性、再現性が求められます。 本質的には、認証された製造に依存しています。

マテリアライズの専門家がサポートし、お客様の製品が納期までにお客様の基準を満たしていることを確認することができます。 当社の社内生産、30年の経験、ISO認証、業界をリードするソフトウェアが、当社の認証取得済み製造プロセスの基礎を築いています。 プロセス全体を通して、お客様のビジネスに固有の品質、安全性、信頼性の基準に合わせてお客様と協力し、お客様の目標達成を支援します。

cimq-production-risk-quality.jpg
Materialiseの認証製造は、品質、信頼性、再現性を保証します。

最初の量産試作ができたら、あなたの商品が今の市場に響いているかどうかを確認できます。あなたの会社には、すでに投資が必要なドメインがたくさんあります。しかし、今年はコロナウイルスのパンデミックによる経済活動の縮小により、2019年に比べてコスト意識が高い企業が多いようです。

良いニュースは、予算が減ったからといって、イノベーションを遅らせる必要はないということです。3Dプリントを使用した段階的な製造は、消費者テスト、製品の機能性、品質保証を徐々に行うことで、リスクを大幅に抑えることができます。これら3つの目的を達成するためには、少量のシリーズを製造するだけで済みますので、常に変化する市場のニーズに合わせて製品を調整することができます。製品開発がさらに進んだ結果、高価な金型や工具に投資せずとも、後に無関係になる可能性もあります。

すでに多くの人が始めている。例えば、Iristick社のスマート安全メガネを見てみましょう。オペレーターや検査員は、スマート安全メガネを使用して、重要な情報を記録して共有するために同僚にリアルタイムでビデオをストリーミングしたり、技術データをオンラインで呼び出したりすることができます。イノベーション企業のアキレスデザイン社は、3Dプリントの利点を生かして、従来の技術に比べてスケジュールを6ヶ月以上前倒しして、イリスティックを小ロット生産に投入することができました。しかし、そのメリットはそれだけではありません。初期投資コストを削減し、顧客の要件に合わせた機動的な製品を市場に投入することができました。

2. Materialise Mindwareで実現可能性を確認

初期のユーザーの反応は、市場の傾向に関するより大きなフィージビリティー・スタディへのフィードバックとなる。ここでの目標は、投下資本のコミットメントを評価し、最終的には意思決定プロセスにおいてより信頼性の高い情報を得ることです。

この分析は、販売の可能性を判断するのに役立ち、それによって製造要件が決定されます。当社の最高技術責任者であるバート・ファン・デル・シューレンは、今後開催されるウェビナーで述べますが、厳しい経済状況下では、迅速な勝利は魅力的かもしれませんが、それには戦略的なコストがかかります。AMを賢く利用することで、設備投資をしなくても、製品開発や新製品の市場導入に新たな光を当てることができます。AMをスマートに利用することで、開発中の製品が市場に受け入れられるかどうかが明確になるまで、設備投資を延期することができます。その結果、設備投資のリスク回避のための非常に価値の高いエクササイズとなります。

Mindwareは、マテリアライズのアドバイザリーサービスで、お客様のビジネスケースの検証をお手伝いします。私たちの専門家と一緒に、次のような難しい質問に答えていきます。アプリケーションがありますが、どのようにしてAMの望ましさ、実行可能性、実現可能性をテストしますか?AMビジネスケースの裏付けとなる信頼できる事実と数字を入手するにはどうすればいいでしょうか?

cimq-production-risk-collaboration.jpg
当社の3Dプリントの専門家は、3Dプリントが企業のビジネスにもたらす価値を判断するために、企業と協力して作業を進めています。

Mindwareとのパートナーシップにより、リスクを最小限に抑えた新しいビジネスモデルで真のイノベーションを実現します。HoyaのYunikuを例に挙げてみましょう。彼らは、マスカスタマイゼーションによって眼鏡業界全体を破壊しました。顧客の顔をスキャンした後、その人に合わせたメガネをデザインし、それまでの市場にはなかったフィット感を実現します。3Dプリントでは、カスタマイズされたプリントを注文することができるため、注文を受けてから作るため、余分な在庫を持つ必要がありません。さらに、Materialise社との提携により、ヨーロッパ最大のAM工場や世界中の他の多くの製造設備を利用できるため、高価な機械に投資する必要がありませんでした。

cimq-production-risk-person-at-mirror.jpg
HoyaのYunikuは、その人の顔に合わせてカスタマイズされたメガネを提供することで、アイウェア市場を変えてきました。

3. 生産規模の拡大

3Dプリントは市場調査の段階で終わりではありません。 本格的な生産に向けて、これまで以上に有用になってきています。 

従来の技術でスケールアップすると、大量の余剰在庫や高額な設備投資を意味し、場合によってはさらに高額になる可能性がある不確実な経済状況下では、量産での3Dプリントのメリットは関連性があります。  

cimq-production-risk-modeling.jpg

3Dプリントでは、少量・量産を短納期で製作することが可能です。コロナ以前から、PhilipsSamsonite のような企業は、業務効率を上げるために外部の造形サービスビューロを利用していました。

Philipsは、同社の電球工場では、ロボットグリッパーのメンテナンスにコストがかかり、頻繁にメンテナンスを行う必要があることに気づき始めた。 そこで、グリッパーの吸引能力を高め、軽量化することで、このプロセスを自動化しようとしました。 しかし、大量の「ピックアンドプレース」ロボットの動きのひずみやストレスに耐えられる頑丈な部品が必要でした。 

Materialise社とPhilips社は共同で、必要最小限の部品で構成されたグリッパーを開発しました。 湾曲した内部チャンネルが部品の強度を高め、軽量でありながら耐久性に優れたアルミニウムがこの仕事に最適な素材であることが証明されました。 現在、フィリップスはより優れた部品を手に入れ、生産量を増やしています。 さらに、年間89,000ユーロのコスト削減になりました。 

cimq-production-risk-3d-part.jpg
3Dプリントにより、フィリップスはオペレーターの時間と生産コストを削減し、年間89,000ユーロ以上のビジネスを節約することができました。

生産量がさらに増えれば、3Dプリントは大規模生産のための高付加価値の選択肢となります。例えば、GE Aviationは、独自の3Dプリント工場に投資し、燃料ノズルやタービンブレードの造形に使用しています。 彼らが3Dプリントを選択した理由は、航空宇宙分野の厳しい基準をクリアする高品質の製品を作成すると同時に、これらの製品に必要な設計の自由度を保つことができたからです。 

タービンブレードだけでも、GEアビエーションのAvio Aero社は、2022年から2023年の間に6万台を製造すると見積もっています。 設計から生産、仕上げに至るまで、このシームレスで効率的なデジタル生産を可能にするためには、プロセスのすべてのステップを最適化し、統合する必要があります。この課題に正面から取り組むために、Avio Aero社は、Materialise社の堅牢で統合されたStreamicsと呼ばれるAMソフトウェアソリューションを利用しています。

今日から始める

このブログシリーズでは、ロックダウンが解除されつつある中で、ビジネスに復帰する方法を探ってきました。 これまで、従業員の安全を確保し、ラピッドプロトタイピングで製品設計に復帰し、生産性を高める方法を探ってきました。 今こそ、これらの方法を実践し、3Dプリントが貴社のビジネスにどのような効果をもたらすのかを直接体験してみましょう。


以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket

こちらもご覧ください

このようなストーリーをお見逃しなくなく 月に1度、メールでこれらの通知をお送りします。

更なる感動