課題

靴底を鋳造するための高精度なマスター(453のテクスチャ面を含む)を作成します。

解決策

一つずつテクスチャリングを行う代わりにマステクスチャリングを適用します。

手法

テクスチャリング、データ作成、自動サポート生成、スライスベースの技術

業界

靴製造業(消費財)

insole

Materialise社によって光造形で3Dプリントされたこの靴底は、靴メーカーに鋳造用の高精度なマスターを提供します。

3Dプリントされた鋳造用テクスチャーマスター

マテリアライズのソフトウェアのバックボーンにある4つのソリューションが、ファイルエラーを修復し、何百ものサーフェスにテクスチャリングを行い、サポートを自動生成し、最終的には膨大なデータセットを管理可能な状態に保つための近道を提供する方法をご覧ください。

テクスチャリング: 80%の時間短縮

テクスチャを1つずつ適用すると、1,000面程度のテクスチャが必要な場合、膨大な時間が必要になります。Materialise 3-matic のテクスチャリングモジュールを使えば、同じタイプのテクスチャを必要とする何百ものサーフェスをサーフェスセットにグループ化し、ワンクリックでテクスチャリングできます。今回の靴底では、453の表面がきれいにテクスチャリングされて整列され、1対1のテクスチャリングに比べて少なくとも80%の時間を節約できました。

mass texturing insole

データ準備: 自動修正機能

最もコスト効率の良い方法で靴を印刷するために、モデルの中空版を作成し、樹脂を排出するための穴を追加しました。さらに、Materialise Magics を使用して、靴底をビルドプラットフォーム上に最適な方法で配置しました。

data preparation

サポートの自動生成: 1部品あたり20分を節約

support generation

手作業でサポートを生成するのは非常に手間のかかる作業です。 サポート自動生成ツールe-Stageを使用することで、サポートの準備時間を大幅に短縮することができました。 Materialise e-Stage を使用することで、パーツの複雑さやサイズにもよりますが、1パーツあたりのデータ作成時間を最大20分まで短縮することができます。サポートは外側だけでなく、靴の内側の特定の中空部分もサポートしました。最小限の接触点のおかげで、仕上げ時間も短縮されました。

スライスベースのデータ処理: 2 GIGから5.8 MBに

Slice based

モデルにテクスチャや特別な構造を適用すると、すぐにSTLファイルのサイズが非常に大きくなってしまい、操作や保存、転送が困難になります。Build  Processor のスライスベースの技術により、中継のSTLファイルのための三角形作成という手間のかかる作業が省略され、目的のジオメトリが直接スライス上に生成されるため、大きなデータが発生することはありませんでした。5.8MBのサイズのSTLファイルに453のサーフェスをテクスチャリングした結果、わずか50MBのスライススタックになりました。スライスベース技術のおかげで、約2GBのSTLファイルを回避することができました。

最終的には、こちらの見事なテクスチャーのマスターが完成しました!

textured-shoe