各種モジュールで自動処理機能を拡張

Materialise Robotの特徴は、お客様の3Dプリント工程に合わせて自動処理の種類をカスタマイズできる点。お見積やデータ準備など工数のかかりがちな作業の大部分を自動化し、貴社の3Dプリント事業の効率化を支援します。

特定の自動処理を適用後、その結果に合わせて特定のファイルにデータを振り分けられるのもMaterialise Robotの特徴のひとつ。例えばSTLデータの質に合わせて造形可能なものは指定のファイルに、それ以外はこちらのファイルに、などの作業を自動で行うワークフローを設定可能です。

用途や貴社の3Dプリント工程に合わせたモジュールを組み合わせれば、Materialise Robotはさらにパワフルに。下のオプションからお好みのモジュールの組み合わせをお選びいただけます。

見積もりモジュール データ修正モジュール 品質チェックモジュール データ最適化モジュール 3D配置モジュール データ変換モジュール 技術情報

見積もりモジュール

3Dプリント用の見積もりを計算するには、正確な3Dデータ情報やパラメータの取得が不可欠。広範囲なパーツ情報を自動で抽出できるMaterialise Robotを使えば、スピーディな造形コスト見積もり作業が実現します。さらに大まかな消費サポート材料の量を計算したり、3DデータのプレビューをJPEGや3D PDF形式で閲覧することも。

Materialise Robotはパーツの高さ、境界ボックスの寸法、サポート材消費量の全てを必要最低限に抑えるよう配慮しながらパーツの配置を自動で最適化する機能も備えています。

API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を通じて3Dプリント注文用のウェブサイトや第三者製アプリケーションとMaterialise Robotを連携させれることも可能です。短いコード例を記載した技術資料もご用意しています。

データ修正モジュール

面倒なSTLファイルのエラー修正も、Materialise Robotデータ修正モジュールが自動化。必要な程度に合わせた自動修正を設定できるので、指定した範囲内に抑えた軽度の修正を行う方にも、STL上に空いた穴を埋めたり、データ全体に大掛かりな修正を加えたい方にも役立ちます。

品質チェックモジュール

品質チェックモジュールは、造形失敗の原因となるSTLファイル上の交差、重複した三角要素、薄すぎて出力できない部分を検出。 的確な3Dプリント前の品質チェックでスライスデータの品質向上、造形成功率の向上に貢献します。

3Dファイルの品質分析のしきい値はお使いの3Dプリント方式や3Dプリンターの設定に合わせて調節可能。分析結果は色付きマーカーなどで視覚化されるので、人の目による分析結果の検証にも役立ちます。

データ最適化モジュール

3Dプリント前に必要な準備のプロセスは工数がかかりがち。Materialise Robotは面倒なデータ準備と造形準備作業を自動化します。データ最適化モジュールは自動でパーツ体積や三角数を減らしてデータを軽量化し、3Dプリント工程全体をスピードアップさせます。

3D配置モジュール

粉末焼結3Dプリンターを用いた造形時は通常、一度になるべく多くのパーツを造形するため、造形プラットフォーム上のパーツ配置を調節する工程が発生します。Materialise Robotの3D配置モジュールは、この面倒な配置作業を自動化。パーツ同士の干渉やインターロックを防止しながら、複数回の造形分のプラットフォーム準備を自動で完了させます。

データ変換モジュール

さまざまな形式のデータをCADで開き、ひとつずつSTLなどの3Dプリント用データ形式に変換、修正していくのはとても手間のかかる作業。大量の細かいデータを扱う方ならなおさらです。Materialise RobotのSTL変換モジュールを使えば、指定フォルダにCADデータを移すだけで数分間のうちにSTLデータへの変換が完了。複数の設計者がSTL自動変換用フォルダにアクセスできれば、各自のパソコンからCADデータを投げ入れるだけで作業が完了します。

対応入力ファイル形式

AMF 3MF
DAE CATIA
DXF IGES
FBX NX(UNIGRAPHICS)
OBJ PARASOLID
PLY, ZCP PRO/ENGINEER
SKETCHUP SAT
VRML SOLIDWORKS
X3D STEP
ZPR INVENTOR
3DM (RHINO)          JT
3DS, PRJ VDA
STL Materialise Formats

対応出力ファイル形式

STL
OBJ
3D PDF
Materialise Format

システム要件、プログラミング・インターフェースやウェブサイト等との連携など、技術的な情報についてはこちらをご覧ください。   

技術情報についてもっと詳しく