MaterialiseStructures

3Dプリントワークフロー全体をカバーする

Materialise Structuresは、3Dモデルを設計時点で重量や材料の使用量を削減、モデル内部を中空化して軽量構造体に置き換えることができるMagicsのモジュールです。設計強度と安定性を維持し、粉末消費量を削減する格子構造を適用することで、生産コスト削減を可能にします。 

内部構造を示す断面の金属3Dプリント部品

特徴

粉末量の削減

中空形状のデザインに抜き穴を設けることで、余分な粉末を取り除き、粉末消費量と製造コストを削減することができます。

造形時の温度の制御

Structuresのあるモデルはスキャン回数が少ないため、生成される熱を抑えられ、造形時の発熱によるひずみも低減されます。

デザイン性の向上

モデルのデザインを維持したまま、軽量化を実現します。 さらに、医療用途では、骨や生態組織の再生のための格子構造に変換可能です。

自由な設計

Structuresモジュールの構造ライブラリを使用、または独自のユニットセル構造を設計して、格子構造を作成します。

ソリッドモデルから軽量バージョンへの変換

外側シェルの有無にかかわらず構造を作成可能。 

内部構造と、外殻の有無デザインを示すAppleのデザイン

元のデザインと、外側シェル有無のデザインを示すデザインの表示 ©Layerwise

Structuresにご関心をお持ちですか?

Materialiseのエキスパートがデモを設定して、Structuresの動作をご紹介します。 また、このMaterialise Structuresがどのような機能を持つのか、お客様の生産をどのように向上させることができるのか、一緒に考えていきます。

お問い合わせ