HP Build Processor

HP Jet Fusion 3Dプリンタ 専用
Build Processor

HP Build ProcessorはHPの開発した新3Dプリント技術「Multi Jet Fusion(マルチ・ジェット・フュージョン)」とそれを採用した3Dプリンター専用に開発されたカスタムソフトウェア。HPの3Dプリンターとデータ準備ソフトウェアの橋渡しを行い、造形がよりスムーズになるようサポートします。

HPの3Dプリンタ専用ソフトウェア HP Build Processor

HP Build Processorは、3Dプリントの全工程を簡素化するソフトウェア。 強力なスライス・アルゴリズムを内蔵し、データ準備から設計、造形プラットフォーム準備から実際の造形まで、全ての工程をシームレスにつなぎます。Materialise StreamicsとHP Build Processorを連携させればトレーサビリティや再現性の確保、生産管理も効率よく行え、製造ラインへの本格的なHP製3Dプリンター導入にも役立ちます。

HP Build Processorはソフトウェアと3Dプリンターをシームレスにつなぐことが何よりの特長。使用可能なマシンごとに定めた造形パラメータを造形プラットフォームに適用する、データをスライスしてマシンへ送信する等、作業全てをひとつのソフトウェア内で行うことを可能にし、3Dプリントのワークフロー全体を簡略化します。

 

HP Build Processorの主な特長

使いやすいインターフェース

  • 1つのソフトウェアパッケージでデータ準備とのシームレスな連携が可能
    (マテリアライズの3Dプリンタソフトとも、PLMソフトSiemens NXとも連携可能)
  • 3Dプリンターへ自動ファイル転送で人為的ミスを低減
  • PCとは別の専用サーバーで複雑な計算を高速処理
  • 技術サポートとソフトウェアの定期的な更新で常に安心

 

スライス・アルゴリズム

  • 高度なスライスビューアとマルチコア・アルゴリズムを備えた高性能スライス・アルゴリズムで3Dプリントを効率化
  • 非常に複雑なパーツや造形プラットフォームも迅速に処理

 

複雑な格子構造を含む設計の処理 (Materialise 3-matic)

  • マテリアライズ独自のスライス技術で、多孔質、格子状、軽量構造を含んだ複雑な設計データもSTLを介さずにサクサク処理

 

AM生産を徹底的に管理  (Materialise Streamics)

  • HP製3DプリンターとBuild Processor間の双方向通信が、特定ジョブのデータをトレースして保管
  • MATERIALISE MAGICS

    Looking for industry-proven data preparation software?

    Discover Materialise Magics

  • NEWS

    Read our results of testing the HP Jet Fusion machine

    Read blog post

  • INTERVIEW

    HP Interview: “Openness and Collaboration Is Key to the Growth of the 3D Printing Industry”

    Watch video