製品タイプ

3Dプリンタ用通信システムとして開発されたMaterialise Build Processor は、ハードウェアとソフトウェアの橋渡し役。HP、EOS、Arcam等世界の主要な3Dプリンタメーカーがマテリアライズと提携し、3Dプリンタの使いやすさを向上させる専用Build Processorを共同開発しています。

多くのAM装置メーカーと提携するマテリアライズがソフトウェア・プラットフォームとツールボックスを提供し、そこにメーカー側が造形プロセス特有の知見を加えることでMaterialise Build Processor は機能します。こうしたコラボレーションがより良いユーザー体験を実現、マシンユーザーがAM装置の性能を最大限に引き出すサポートをします。

Materialise Build Processor独自のスライス技術は複雑な3Dテクスチャや格子構造を含んだ大容量のデータの扱いを簡易化。データ準備から造形過程へ、スムーズな移行が可能になります。

Arcam Build Processor

貴社の3Dプリントワークフローをシンプルに

3Dプリントのプロセスを簡素化するArcam Build Processorは、使いやすいインターフェースが特長のソフトウェアです。高度なスライスアルゴリズム、データ準備、設計から造形準備までの全工程をスムーズに連携させ、電子ビーム式のArcam EBMシステムを使った金属造形を成功に導きます。さらに双方向通信によりArcam Build Processorを介してEBMシステムからのフィードバックを受け取ることも可能。造形データの保管や造形のトレーサビリティを担保し、製造環境に要求される水準を満たします。

マシン固有の造形プロファイルを作成し、パーツやプラットフォームに割り当てることができるArcam Build Processorは、ソフトウェアと3Dプリンターのシームレスな統合をサポート。3次元データをスライスしてマシンにエクスポートする作業が、1つのソフトウェア内で全て完結します。

Arcam 3Dプリンタ用 Build Processor

ARCAM BUILD PROCESSORの主な特長

使いやすいインターフェース

  • 1つのソフトウェアパッケージでデータ準備とのシームレスな統合が可能
  • 3Dプリンターへ自動ファイル転送で人為的ミスを低減、データ準備から造形機へのスムーズな登録を実現し、造形ステータスの視覚化も改善
  • 一元化された設定管理で、異なるユーザー間で設定やテーマファイルを共有
  • PCとは別の専用サーバーで複雑な計算を高速処理
  • マテリアライズのエキスパートによる技術サポートとソフトウェアの「スライス・アルゴリズム」の定期的な更新で常に安心

 

スライス・アルゴリズム

  • 高度なスライスビューアとマルチコア・アルゴリズムを備えた高性能スライス・アルゴリズムで3Dプリントを効率化
  • 非常に複雑なパーツや造形プラットフォームも迅速に処理

 

複雑な格子構造を含む設計の処理 (Materialise 3-matic)

  • マテリアライズ独自のスライス技術で、多孔質、格子状、軽量構造を含んだ複雑な設計データもSTLを介さずにサクサク処理。

 

AM生産を徹底的に管理 (Materialise Streamics)

  • 電子ビーム式EBMシステムと Build Processor間の双方向通信により、特定ジョブのデータをトレースして保管

EOS Build Processor

マテリアライズのソフトウェアとEOSシステムをつなぐ

マテリアライズとEOS社が共同開発したEOS Build Processor。EOS社の3Dプリンター専用に開発されたこのソフトウェアがソフトウェアと3Dプリンターの橋渡しを行い、EOSマシンを使ったパーツ出力がよりスムーズになるようサポートします。さらにMaterialise Magicsとの連携により、3Dプリント用データ準備に役立つ様々なツールも使用可能に。

EOS Build Processor をMaterialise Streamicsと連携させれば、トレーサビリティ、再現性、生産管理の確保にも有効です。また Materialise 3-matic とも容易に連携できるので、複雑なテクスチャや格子構造を含んだデータのスライス処理もスムーズ。高度なスライスパラメータを備えたマテリアライズ独自のスライス技術を用いれば、大容量の3Dファイルも簡単に素早く処理できます。

EOS 3Dプリンタ用 Build Processor

EOS BUILD PROCESSORの主な特長

  • モダンでシンプル、使いやすいインターフェース
  • マシンごとのパラメータ管理
  • 1つのシステムで全ての造形機を管理
  • Materialise Magicsとは個別にバージョンアップ
  • 処理前のデータ品質をMaterialise Magicsでチェック可能
  • ほとんどのWindows OSと装置に付属ソフトウェアのPSWのバージョンとの互換性を確保
  • マテリアライズ独自のスライス技術が利用可能に
  • データ処理をMaterialise Streamics内の特定のサーバで実施
  • Materialise Streamics との連携も簡単
  • データ処理をMaterialise Streamics内の特定のサーバで実施
  • スライス処理のスピード向上
  • スライスパラメータ: スライスのコンター(輪郭線)の隙間を埋める、スライスの統合、コンターのフィルタリングや点の削減など
  • 高度な自動化で人為的ミスを低減

Renishaw Build Processor

よりよいマシン通信を目指したパートナーシップ

Renishawとマテリアライズ、両社の提携により生まれたRenishaw Build Processor は、全てのRenishaw製3Dプリンターに使える専用ソフトウェア。

大規模なデータを効率的に処理するスライス技術を備え、AM生産管理用ソフトウェアMaterialise Streamics とも連携できるRenishaw Build Processor は、次世代のものづくりの可能性を広げます。

新しい Renishaw マシンの導入やアップグレードにも素早く対応可能なできる柔軟性を備えたRenishaw Build Processorで、ご使用中の全 Renishaw マシンに関する情報を一括管理できます。

 

データ準備用ソフトウェア Materialise Magicsで3D データの最適化と造形プラットフォーム準備を行った後、Renishaw Build Processor で造形に使用するマシンと造形パラメータに従いスライスとハッチング作業を行います。この際、Build Processor を使ったスキャンパスを生成します。

Renishaw 3Dプリンタ用 Build Processor

RENISHAW BUILD PROCESSORの主な特長

  • モダンでシンプル、使いやすいインターフェース
  • マシンごとのパラメータ管理
  • 1つのシステムで全ての造形機を管理
  • 最新ビルド・ストラテジーを実現する技術を装備
  • マテリアライズ独自のスライス技術で大規模データの処理も簡単
  • マルチコア使用による計算速度の大幅な向上
  • Materialise Streamics との連携も簡単
  • PCとは別の専用サーバーへデータ処理を高速処理することで時間を節約
  • 材料開発モジュールを使って造形プロセスを最適化

 

Renishaw 1.2 ー主な新機能と改善点

  • スライスビューア:スライスビューアでスライスやハッチを素早く簡単に表示
  • 材料開発モジュールの改良
  • マテリアライズ独自のスライス技術で大規模データの処理も簡単
  • より正確な造形時間の見積もりなど、細かい造形管理が可能に

SLM Build Processor

SLMマシンとのさらなる統合を実現するパートナーシップ

SLM Build ProcessorはSLM Solutions 社の3Dプリンター専用に開発されたソフトウェアです。

ワークフロー:

  • Materialise Magicsで造形プラットフォームを準備
  • 選択された3Dプリンターに合わせて、SLM Build Processorがスライス&ハッチング
  • 造形パラメータを決定
  • レーザーの動きを決定

SLM Solutions社は各造形機や材料に合わせて検証済みのビルド・プロファイルを造形機のエンドユーザーに提供。さらに、Build Processor3Dプリント用材料開発を支援する専用モジュールを使用すれば、お客様によるパラメータの検証も可能になります。


ハッチングを適用する際は、最高の造形品質を実現するのに最適なハッチング・ストラテジーを選択いただけます。SLM Build Processorの使用で、SLMマシンが直接読込み、素早く処理できるビルド・ジョブが完成します。

SLM 3Dプリンタ用 Build Processor