OEM向けMaterialise Build Processor

装置メーカーに伝えたいテクノロジーとコネクティビティソリューションについて

MaterialiseテクノロジーとCO-AMにより、装置メーカーとマシンオーナーのためのBuild Processor開発が実現可能になります。AMソフトウェアとハードウェアのシームレスな通信により短期間での市場投入も可能です。Build Processorソフトウェア開発ツールキット(BP SDK)とMaterialise Machine Manager(MMM )により、これまでにない効果を得ることができます。

hm-build-processor-sdk-materialise-machine-manager.jpg

Materialiseのテクノロジーによる、装置のためのビルドプロセッサー開発

装置、クライアント、アプリケーションに最適なBuild Processorを開発する方法は1種類だけではありません

Materialise Build Processor SDKの導入メリット

開発コストの削減

マシンビルダーとそのユーザーに実績あるMaterialiseのテクノロジーによるビルドファイル生成を提供いたします。コスト面での 影響を抑えながら、効率化と差別化を図ることができます。コアな部分に注力でき、Materialiseの技術力を利用することで効率よく自社開発を進めることが可能になります。

IP生成の強化

適切な AM ビルディングブロックにより、ビルドプロセスの最適化とアプリケーション活用を拡大し、開発期間をこれまでよりも短縮することが可能になります。高性能なゾーニング、ハッチング、エネルギー堆積、およびソート・アルゴリズムへのアクセスは、カスタマイズされた装置の開発に役立つとともにビルドの生産性と品質を向上させることができます。

制限を取り除く

最新の AM ジョブファイルフォーマットにより、データサイズの制約がなくなり、大型で複雑なパーツ、プラットフォーム、プロセス条件下の優れたスケーラブルなパフォーマンスで計測結果を導き出すことができます。

スピーディな市場投入を実現

品質を保ちながらスピーディに市場へ投入するには、開発を迅速に進めることが重要な鍵となります。Materialiseエキスパートによるガイダンスと、アクセス可能なPythonインターフェース、適切なリファレンス実装、拡張性高く実績のあるソフトウェアプラットフォームにシームレスに接続いただくことで、貴社装置と装置ユーザー双方に対してスピーディに結果を提供することが可能になります。

CO-AMソフトウェア プラットフォームのロゴ

Materialise Machine Managerで貴社開発のBPを製品化する

貴社開発製品を世界の市場に投入される際、コネクティビティがとても重要な役割を果たします。Materialise Machine Managerは、きっと貴社のお役に立てます。Materialiseの技術または貴社の技術を用いてアプリケーションを開発されるどちらの場合でも、お客様の提供する製品を商品化し、CO-AMと接続することで、多くのユーザーとのアクセスが可能になるようにお手伝いをいたします。

Materialise Machine Managerの特徴

新たな市場へのアクセス

既存のマシンユーザーの使い慣れた統一されたワークフローに組み込むことで、新しいユーザーや市場に貴社の装置や開発により得た技術をスムーズに投入することができます。

貴重な時間をコアな作業に費やす

拡張性の高いソフトウェア・インフラを再利用することで、ユーザーは貴重な時間を最も重要な作業に費やすことができます。

貴社のマシンユーザーのさらなる可能性を追求

貴社のBP機能とMaterialise CO-AMアプリケーションを接続することで、貴社マシンを利用するユーザーの生産性、品質、トレーサビリティの向上を可能にします。

パートナーになって共に成功する

Materialiseとパートナー提携して、セールス、サポート、マーケティング、および戦略的ロードマップ作成を共同で行いませんか。貴社の装置、ソリューション、および私たち共通のカスタマーベースにより成功を確実なものにいたします。

CO-AMで先へ進む

コネクティビティは鍵です。CO-AMが貴社の開発品を世界に送り出すお手伝いをします。

お問い合わせ