Materialise PROPLAN CMF

頭蓋顎顔面手術のためのバーチャルプランニング

頭蓋顎顔面手術には独特の課題があります。 PROPLAN CMF™は、外科医が術前に重要な判断を下して、より良い手術結果を得られるように支援します。 このソフトウェアの専用ワークフローは、顎矯正施術だけでなく、下顎と中顔面の再建やディストラクションにも対応しています。 

コンピューターの前に、CMF計画ソフトウェアを使っている女性

機能詳細 

分かりやすいビジュアル

患者の解剖学的構造の2Dまたは3Dビジュアライゼーションを生成します。

CMFを目的としたもの

顎矯正術、下顎骨および中顔面の再建、骨切り術、骨片の再配置を計画します。

術前検査

軟部組織の正確なシミュレーションを行い、術後の患者の顔を可視化することができます。

手術計画の絞り込み

歯型や移植部位のスキャン、顔写真などを使って、施術計画を充実させましょう。

分析ツール

正確な3Dセファロ分析を行い、術後結果を分析します。

3Dプリントの準備

3Dプリントするスプリントや解剖学的モデルを設計し、エクスポートします。

PROPLAN CMF™により、最初の両顎矯正治療計画を3Dで検証し、顔の対称性を回復させ、軟部組織の変化を確認することができました。 治療を最適化し、審美的に満足のいく結果を生み出すのに役立ちました。

— King's College Hospitalのムハナド・ハタムレ医師

PROPLAN CMF をもっと詳しく知る

ご不明な点、デモにご興味のある方は、こちらまでご連絡ください。 どのようなサポートが可能かご相談ください。

専門家に相談

L-102605-02