WEBINAR

サポート設計自動化による金属AMのコスト削減(オンデマンド配信:日本語字幕)

by Amaury Joly and Evan Kirby

金属3Dプリンティングのポイントは、金属の材料特性とAM向けの設計力です。このテクノロジーを効率的に利用するためには、金属AMの3つの主要なコスト要因である時間、材料消費、装置の使用について多くの課題があります。 

Materialise AM ソフトウェアの専門家である Amaury Joly 氏と Evan Kirby 氏が、ユーザーがプロセスを最適化してコストを大幅に削減するための様々な方法について説明します。

 

このウェビナー録画では、以下の内容を紹介します。

データの準備と後処理にかかる時間を最大90%短縮

  • 粉末材料をほぼ100%回収 
  • 装置の使用を最適化し、スクラップ率を50%削減 
  • 金属3Dプリントの成功事例からのヒントでコストを削減

 

Amaury Joly,
Application Engineer,
Materialise 

Evan Kirby Senior Application Engineer Materialise Software

Evan Kirby,
Manager Application Engineering,
Materialise

講師について

Amaury Joly, アプリケーションエンジニア, マテリアライズ 

材料工学とインダストリアル・エンジニアリングのバックグラウンド。30周年を迎えるMaterialise社に入社したAmaury Joly氏の専門は、Materialise社のソフトウェアスイート全体と金属AM装置のユーザートレーニングです。 お客様と緊密に協力しながら、技術的な専門知識とコミュニケーションスキルを組み合わせ、ソフトウェアソリューション、ワークフロー、用途活用の発見、採用、最適化することについて、エンジニアをトレーニングし、金属 3Dプリンティング を最大限に活用するための活動を行っています。

Evan Kirby, アプリケーションエンジニアリング マネージャー, マテリアライズ 

Evan Kirby氏は、フォード、GM、プラット&ホイットニー、様々な連邦政府機関、HP、トヨタを含む100社以上の企業に対して、年間約100人を教育する講師を務めるなど19年に及ぶMaterialiseのキャリアを積んでいます。現在プリセールスと販売後のサポートを行い、現在は同じ業務を行うアプリケーションエンジニアのチームのマネージャをしています。

Personal Details

(optional)
feedbacks_answer3
//magic_answer1
//magic_answer2

本フォームを送信することで、Materialiseが私に対し、私が興味を持つ可能性がある製品やサービスに関する情報を配信することを許可します。また、この配信はいつでも停止できることを確認します。 私は私の個人情報がMaterialiseの プライバシーに関する通知 と正当な利益に従って処理されることを認識しています。