Whitepaper

院内3Dプリントシステム: 最大限に価値を得るために

病院が院内に 3Dプリントサービスやラボ を導入する際、ある程度のまとまった費用がかかることは否めません。すでに院内3Dプリントサービスが多く導入されているアメリカでは、おおよそ一万から数十万ドルの費用が見込まれます。この初期投資は一見高いように思えますが、運用の工夫次第で患者のケアにも施設の長期的な収益にも良い影響をもたらすことが期待されています。以下のホワイトペーパーでは、米国のデータを元に、院内プリント導入により期待される効果や導入に際して考えるべきポイントを紹介しています。

あなたが学ぶことは

  • 院内3Dプリント導入による効果が特に期待される12 の分野
  • 医療現場における患者固有の3D印刷モデルの価値に関する文献の紹介
  • 運営委員会を発足させるべきか、効果測定に何を使うかなど、サービスまたはラボを立ち上げる際の基本的な疑問への回答
  • 院内導入のための簡潔なプレゼン、ラボやそのサービスの管理、効果の追跡に関する提案

L-100167-01


以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket