オンラインセミナー

ProPlanCMFによる頭蓋顎顔面領域の3Dシミュレーション

by Hiroaki Ozaki, Materialise Japan Account Manager and Yuki Chiba, Materialise Japan Application Engineer

顎顔面領域の手術シミュレーションソフトウェアProPlanCMFの腓骨再建や骨延長などでの活用をご紹介します。また、3Dプリンターを併用した、眼窩底モデルを活用した症例などもご紹介します。

あなたが学ぶことは

  • ProPlanの概要
  • 一般的な骨切りや骨延長のシミュレーションウィザード(操作ガイド)の活用
  • 腓骨再建などでのカスタマイズしたシミュレーション

以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket

Materialise医療機器ソフトウェアは、個々の現場の規制または医療慣行の対象となるため、すべての市場で販売されるとは限りません。 Mimicsまたは3-maticMedicalの規制登録を取得していない国では、調査版の利用が可能です。 お住まいの地域でのMaterialise医療機器ソフトウェアの入手可能性について質問がある場合は、Materialiseの担当者にお問い合わせください。

L-101693-01

こちらもご覧ください