トレンド

世界のトップ病院への導入が進む医用3Dプリント

1 1分で読めます

hm-materialise-medical-3d-printing.jpg

近年、米国の病院においては、医用画像を診断のために使用するだけでなく、各患者に合った手術計画を行うために活用することが増えています。 この変化は、病院と患者に大きなメリットを生み出しています。そして、そのために医用画像の専門家である放射線科医や放射線技師が果たす役割が大きくなってきています。

この変化の一環として、3Dプリントを医療に取り入れる病院が世界中で増えています。 より良い治療選択の判断基準が増えることから、病院にとって、各患者に合わせたオーダーメイド治療に対してだけでなく、数え切れないほどの付加価値の可能性があると期待されています。医療用3Dプリントを使用する病院についてもっと知りたい方は 弊社のインフォグラフィック フライヤーをご覧ください。

Materialias 3D印刷設備を使用している病院の数を示す世界地図:米国/カナダ113、南アメリカ9、英国31、EU 48、中国24、日本34、オーストラリア9
MaterializeMimicsテクノロジーを使用した3D印刷施設を備えた世界中の病院

医療用3Dプリントの現在

3Dプリント設備は世界各国のトップ病院で導入が進んでいます。通常、3Dプリント設備は主に放射線科が担当しますが、学際的なため多くの部署とのやりとりが頻繁に発生します。数字は、手術の計画、教育、可視化などを通して3Dプリントを最も有効に活用している循環器、整形外科、血管、脳神経外科、および肝胆道の分野の医師の数を表しています。

3D印刷を使用した上位5つの医療分野が心臓、整形外科、血管、脳神経外科、および肝胆道であることを示す調査研究の棒グラフ。
3Dプリントテクノロジーを活用している診療科トップ5 計画、教育、および可視化に関する文献 Chepelev et al, 3D printing in Medicine, 2017」から引用

2021年までに、外科医の25%が手術前に3Dプリントした患者の模型でシミュレーションをするようになります。

— リサーチ会社Gartnerの研究担当部長 Pete Basiliere

L-102768–01


以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket

こちらもご覧ください

このようなストーリーをお見逃しなくなく 月に1度、メールでこれらの通知をお送りします。

更なる感動