生体力学的モデリングシミュレーション

パーソナライズされた研究を実行する場合、開始する3Dモデルは幾何学的に正確であり、適切にメッシュ化されている必要があります。 したがって、このタスクを可能な限り短時間で実行し、自動化を可能にするように構築されたソフトウェアを使用することが、大きな変化をもたらします。 

前面下部にマーキングのある骨のデジタル画像

パーソナライズドモデリングとシミュレーションを実行する理由 

人間の生体力学をよりよく理解する 

測定できないものをシミュレートすることにより、局所的な力を把握する 

デバイス設計をより速く、より費用対効果の高い方法で最適化 

仮想患者を対象とする評価と設計の改善により、物理およびヒト試験の必要性を減らします。

予測的なプランニング手法を開発  

検証済みのモデルを使用して、さまざまな治療オプションの影響をシミュレートし、臨床計画に有用な情報を提供します。

イノベーションの最前線に立つ 

バイオメカニクスと患者の転帰に与える治療影響を予測することにより、患者の治療効果を改善します。

Mimics Innovation Suiteは次のことを可能にします

  • DICOMまたはMicro-CT画像から正確な3Dモデルを作成 
  • バーチャルカットとバーチャルデバイスの留置を実行  
  • サーフェスメッシュとボリュームメッシュを作成と、それらの品質を評価  
  • 画像のグレー値に基づいて、要素に材料特性を割り当て  
  • 幅広いFEAまたはCFDソルバーおよび筋骨格のモデリングパッケージにエクスポートが可能  
  • 実験計画のプロセスを自動化 

インスピレーション

FEA活用例をご紹介:

更なる関連情報

当社の専門家と話す

質問やMimics Innovation Suiteのデモに興味がありますか? Materialiseがお客様の研究をどのようにサポートできるのか、当社にご連絡ください。

専門家に相談

当社のサポートで、知識を深める

当社のAcademyとカスタマーサポートを利用して、ソフトウェアの最適な使用方法を学ぶことができます。 さらに、最新のソフトウェア・アップデートと患者リーフレットにアクセスできます。  

L-100722-02 

Materialiseの医療機器ソフトウェアは、各市場における規制や医療慣行に左右されるため、すべての市場で利用できるとは限りません。 Mimicsおよび/または3-matic Medicalの規制登録が行われていない国では、研究版の利用が可能です。 お住まいの地域でのMaterialise医療機器ソフトウェアの入手可能性について質問がある場合は、Materialiseの担当者にお問い合わせください。 

アカデミア向けのその他のアプリケーション