PRESS RELEASE

MaterialiseはCO-AMに3Dプリンター向け準備ソフトウェア Magicsを統合し、新たな7社のテクノロジーパートナーと共にプラットフォームを拡張

November 16, 2022

Materialiseの新しいパートナー企業は、デザインから後処理までの機能を拡張。Magicsは統合されたデータ準備とワークフロー・オートメーション機能を追加。

FRANKFURT, (ドイツ) - 2022年11月16日 -3DプリントソフトウェアとサービスソリューションのグローバルリーダーであるMaterialiseは、 CO-AMプラットフォームにさらに7社のテクノロジーパートナーが参加したことを発表いたしました。 これにより、 3Dプリントパーツのデザインからデータ準備の自動化、 トレーサビリティ、 3Dプリント、 後処理に至るまで、 サポート可能なソリューションが揃いました。 また、 Materialise MagicsはCO-AMに統合され、 新しいワークフロー・オートメーション機能を提供します。

オープンなエコシステムの必要性に応える

「これらの新しいパートナーシップにより、 CO-AMコミュニティは成長を続け、 積層造形(AM)業界にオープンなエコシステムを提供する初のエンドツーエンド・ソフトウェア・プラットフォームが誕生しました」と、 MaterialiseのCTO、 Bart van der Schuerenは述べています。 「コラボレーションは、 積層造形の可能性を追求し、 3Dプリントの各プロセスを計画、 管理、 最適化するためのあらゆるソフトウェアツールへのシームレスなアクセスをお客様に提供するための鍵となります。 」

2022年5月に「CO-AMプラットフォーム」を立ち上げて以来、 10社以上にテクノロジーパートナーとしてご参加いただいています。 新しいパートナーは以下の通りです。

  • Trinckle社は治具と固定具 の設計自動化を実現
  • Twikit 社はデザインの自動化、発注の自動化など、マスカスタマイゼーションソリューションを提供
  • Additive Marking 社は自動ラベリングと認証テクノロジーにより、デジタル・トレーサビリティを実
  •  SLM Solutions社の 3Dプリンターとの接続より、装置データのモニタリングとドキュメント化を実現
  • AMT 社、 DyeMansion社、  PostProcess 社のソリューションにより後処理工程の自動化とトラッキングを実現

Materialise CO-AMプラットフォームは、 AM産業と製造業の企業にイノベーションと共同開発のための機会を提供いたします。 このプラットフォームは、 オープンソフトウェアアーキテクチャを採用し、 お客様がMaterialiseや他のソフトウェア開発業者が提供するお好みの ツール、 複数のハードウェア に直接アクセスできるようにします。 これにより、 CO-AMコミュニティでは、 それぞれの企業の競争力を高め、 産業全体を強化するエンドツーエンドの製造ソリューションを共同開発することができます。

航空宇宙、自動車、家電、メディカル、エネルギーなど主要な製造業のお客様は、プラットフォームを通じて最新のAM技術にアクセスし、それらをシームレスに統合・接続することができるようになります。

AMファクトリーの各要素をつなぎ、 自動化を図る

「CO-AMのエンド・ツー・エンドコネクティビティは、 当社のパートナーとお客様に大きなアドバンテージをもたらします」とCO-AMのシニア・ディレクターであるVishal Singhは述べています。 「パートナー企業は、 自社のアプリケーションをCO-AMプラットフォームに接続することで、 より効率的に新規顧客を獲得する機会を得ることができます。 また、 お客様は、 Materialiseとパートナー企業のソリューションを通じて、 一貫したユーザーエクスペリエンスの恩恵を受けることができます。 」

製造業者は、同一またはカスタマイズされた製品を大量生産する目的でAMを利用ています。ところが、こうした企業は、再現性のある品質基準を満たし、手作業の工程を最小限に抑えるための方法を探し求めています。

新たに7社のパートナー企業が加わったことで、 MaterialiseはAMの全てのプロセスを接続、 自動化することを可能にしました。 新しいソリューションは、 デザイン、 ラベリング、 マシンモニタリング、 後工程を自動化します。 CO-AMプラットフォームにより、 ユーザーのニーズに合わせたプロセスを柔軟に構築することができます。 また、 AM ワークフロー各ステップをサポートするツールの充実により、 ユーザーは好みのソリューションを選択することが可能になります。

Magics26によるCO-AMインテグレーションとワークフロー自動化

また、 Materialiseは、 当社の代表的なデータおよび造形準備ソフトウェアであるMagics 26のCO-AMへの統合を進めました。 この統合によりトラッキング機能が強化され、 ワークフロー全体を通してAMプロセスをモニタリングすることで、 ユーザーはデータ準備からデザイン変更、 最終的な造形パーツに至るまで、 管理することが可能になりました。

さらに、 Magicsの新しいワークフロー・オートメーション機能は、 一般的な造形準備ワークフローを自動化するための既成のスクリプトを提供します。 また、 カスタマイズ可能なスクリプトを使用することで、 お客様のAM業務に特化した造形準備作業を自動化することができます。

「MagicsのCO-AMへの統合とワークフロー・オートメーション機能は、 データ作成、 造形準備とAMワークフロー全体との間でデジタルな繋がりを作ります」と、 MaterialiseのMagics Print SuiteプロダクトラインマネージャーであるEgwin Bovynは述べています。「これは、 CO-AM におけるすべてのテクノロジーのデータ管理を可能にする重要なステップです。 ユーザーは生産コストを削減し、 AMオペレーションをより効率的に拡張することができます。 」

2022年11月15日~18日にフランクフルトで開催される2022 Formnext ExhibitionのMaterialiseブース(Hall 12.1, C139)では、CO-AM PlatformとMagics 26の両方のデモを行う予定です。 

Materialiseについて

Materialiseは、30年にわたる3Dプリントの経験をさまざまなソフトウェアソリューションと3Dプリントサービスに反映させており、これらが一体となって3Dプリント業界の屋台骨となるバックボーンを形成しています。Materialiseのオープンで柔軟なソリューションにより、ヘルスケア、自動車、航空宇宙、アート、デザイン、消費財など、さまざまな業界のプレイヤーが、世界をより良く、より健康的な場所にすることを目的とした革新的な3Dプリントアプリケーションを構築することができます。ベルギーに本社を置き、世界中に支社を持つMaterialiseは、業界最大のソフトウェア開発者グループと、世界最大級の3Dプリント施設を兼ね備えています。Materialiseの詳細については、 https://www.materialise.com/jaをご覧ください。

Identify3D logoSLM Solutions logo
Materialise

以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket