オンラインセミナー

医療現場での3Dプリントを使ったエンジニアリング

高度に専門化された医療機関として知られるMayoクリニック施設の1つでは、毎年、米国のすべての州および150ヶ国以上から130万人を超える患者が受診しています。 患者の多くは他院からの紹介です。 このウェビナーでは、Mimics Innovation Suiteを使用して、医療現場で3Dプリントラボを運営しうまく活用する方法についての重要な洞察をAmy Alexander氏が話します。 さらに、画像ベースの3D医療ソフトウェアの最新機能を紹介します。これによりMayoクリニックでは計画ワークフローが改善されました。   

あなたが学ぶことは

  • 独自の3Dプランニングワークフローで専門性の高い医療を実現する方法
  • 安全かつ効果的に、医療現場に3Dプリントを導入する方法
  • Mimics Innovation Suiteのプランニングソフトウェアの主な機能とアップデートは、解剖学エンジニアリングを目指すすべての人に役立ちます

スピーカー


以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket

Materialise医療機器ソフトウェアは、個々の現場の規制または医療慣行の対象となるため、すべての市場で販売されるとは限りません。 Mimicsまたは3-maticMedicalの規制登録を取得していない国では、調査版の利用が可能です。 お住まいの地域でのMaterialise医療機器ソフトウェアの入手可能性について質問がある場合は、Materialiseの担当者にお問い合わせください。

L-100772-01

こちらもご覧ください

更なる感動