事例

Cad2realityはMaterialise Magicsで建築デザインに命を吹き込む

1 1分で読めます

hm-architectural-designs01.jpg

ソフトウェア開発を専門とするファミリービジネスであるAFAS社は、新しい本社に移転することになりました。AFAS社の共同経営者であるTon van der Veldt氏と弟のSteef氏は、3年間このコンセプトに取り組んできました。そこで、複雑な建築デザインをスケールモデル化するエキスパートであるcad2realityにコンタクトを取り、3Dプリントしたマケットを提供してもらうことになりました。AFASの新本社ビルのコンセプトを扱う際、彼らは非常に複雑で多色の建築デザインを3Dプリントするという課題に直面しました。

cimq-architectural-designs01.jpg

3Dプリント建築模型への挑戦

建築のプレゼンテーションは、段ボール製の建築模型や丁寧な発泡スチロールの彫刻の時代から大きく飛躍しました。3Dプリントのおかげで、マケットをフルカラーで、何度も、さまざまな縮尺で作成できるようになりました。色や質感によってリアルな外観と感触が得られ、建築家のビジョンを表現することができるのです。これらの利点を念頭に置いて、Van der Veldt氏は、AFASの未来の本部のカラフルな2つのマケットを3Dプリントしたいと考えていましたが、そのうちの1つは弟への贈り物として異なるスケールで作成しました。しかし、3Dプリント用のファイルを準備するのは簡単な作業ではありませんでした。

建物情報モデル(BIM)には、テクスチャや色など、3Dプリントに必要なデータや関連情報がたくさん含まれています。これらの情報をもとに防水設計を行うべきなのですが、3Dプリント用のファイル形式に変換すると、設計は複数のエラーだらけになってしまいます。また、建築ファイルには多くのディテールが含まれているため、大きなデータファイルになってしまい、処理が大変です。すべての色、テクスチャ、ディテールを維持しながら、これらの大きなファイルを修復することが課題となっています。

神は細部に宿る

Cad2reality はこれらのハードルに落胆していたわけではありませんでした。深刻なエラーを修正し、床、壁、屋根、その他のコンポーネントを接続するために、Cad2realityは3Dモデルの周りに薄い層を巻き付けて修正するラッピング機能を使用しました。Materialise Magicsでは、強力なラッピング機能により、小さなディテールをより良く保存することができ、最適化されたメモリ推定により、どの程度のディテールまで保存できるかが示されます。

cilq-architectural-design-2.jpg

カラー情報を持つビッグデータを扱うための更なる最適化により、Materialise Magicsはモデルを修復し、造形可能な品質のデザインに変換するための理想的なツールとなります。この改良のおかげで、CAD2REALITYは以前では不可能だった時間枠内で簡単にファイルを修復することができました。

Materialise Magicsのラッピング機能は、建築ファイルの必需品となっています。これらのファイルは非常に複雑なので、ラッピングなしでは扱えません。

— Richard Zethof,、CAD2realityのオーナー/3D CADスペシャリスト

cilq-architectural-design-1.jpg

Materialise Magicsであなたの世界を彩る

モデルに命を吹き込むために、CAD2REALITY はモデルのカラーとテクスチャ情報を維持できるソフトウェアも必要としていました。Materialise Magicsを使用することで、CAD2REALITYは高度なマーキングツールを使用して、カラーとテクスチャをより正確に適用することができました。テクスチャから直接色を選択したり、あるサーフェスから別のサーフェスにテクスチャをコピーペーストしたりすることができました。これらの改善に加えて、三角形の縮小、カッティング、中空化などのMagicsの他のコア機能により、カラーやテクスチャ情報に影響を与えることなく、3Dプリントに対応したファイルを作成することができました。

cihq-man-architectural-model.jpg

あたらしいミニ本社へようこそ

適切な操作を行うことで、CAD2REALITYはデザインファイルを穴の開いていない造形可能なファイルに変換していました。次のステップは、ファイルをプリンタに送ることでした。Cad2realityはMagicsからZPR*(フルカラージェッティングプリンタ専用のファイルフォーマット)に直接ファイルをエクスポートすることができるので、これは簡単なことでした。カラフルで質感のあるAFAS本社の建築模型は完璧に造形され、現在では建築的な議論の約60%がこの印象的な建築模型を中心に展開されています。2021年には新本社が完成し、その姿を見ることができます。Materialiseは、このエキサイティングなプロジェクトでCAD2REALITYをサポートできたことを誇りに思います。

MagicsConnectと呼ばれるオンラインバージョンのMaterializeMagicsでは、ファイルをプリンターに直接エクスポートすることはできません。


以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket

数語でのケーススタディー

業種

建築

なぜこの方法で

高度に複雑なマルチカラーの建築デザインを3Dプリントで実現


使用しているソリューション

細部を失うことなく、深いエラーを修正する


ShrinkWrap 機能を使用する


マテリアライズマジック

私たちがどのように貢献したか

こちらもご覧ください

更なる感動