課題

効率的なプロトタイプ品の管理

解決方法

生産管理ソフトウェアの使用

手法

77%の工数削減を達成

業界

自動車

RP生産管理を効率化

Hyundai Motor社は、作業工程のスケジュールを立て、すべての製造状況を管理し、関係者に効率よく情報が共有されるようにする必要がありました。これまでは、生産状況をエクセルシートでマニュアル管理をしていました。つまり、 情報を頻繁に更新する必要がありました。 製造した部品数やコスト削減効果なども、手作業でレポートを作成していました。オペレーターは、各機械の運用計画をかなりの時間をかけて手作業で管理し、変更があった場合にはすぐに計画を調整して報告していました。

Materialise Streamicsを導入してからは、マニュアルの管理方法は変化しました。生産管理システムであるMaterialise Streamicsは、あらゆる種類の情報(注文情報、造形機の状況、部品情報など)を収集し、製造状況をリアルタイムで自動更新できます。 Hyundai Motor社はMaterialise Streamicsを使用して、生産、販売、管理、品質に関してカスタマイズされたレポートを抽出することができ、生産スケジュールに変更が生じた場合、マネージャーやマシンオペレーターはリアルタイムで簡単に対応することが可能になりました。

Streamics graph

各工程の情報はメール、エクセルファイル、電話、データシートなどそれぞれで管理されるのではなく、データ準備、造形、後処理、管理データが1つのデータベースで連携、一括管理、保存されています。誰もが各マシンの造形計画とステータスを見ることができるようになり、ビルドが完了するとシステムから要求者に自動的に通知が送られてきます。

Streamics

オートメーションの効果について:事実と数字

Materialise Streamicsは、要求されたパーツ製造に関わるすべての従業員のコミュニケーションを改善します。Hyundai Motor 社では、RP管理を手作業から自動化システムへ移行することにより、工数が77%削減されています。従業員はより効率的に働くことができ、RP管理の時間は短縮され、顧客はより良いサービスを受けることに繋がります。

Hyundai Motor社は、生産管理を容易にしただけでなく、自動サポート生成のメリットも実感しました。 Materialise e-Stageを使用するまでは、サポート構造を手動で生成することに多くの時間を費やし、サポート除去後の低品質の表面を補正するための後処理に多くの時間とコストを要しました。現在では、自動サポート生成ソフトウェアが、必要な部分のみにサポート生成することで、材料の節約(13%)、データの準備時間短縮(94%)、造形(30%)、後処理の時間をも短縮しています。

Scale model of drive system with e-Stage supports

e-Stageを搭載したドライブシステムのスケールモデル

"マテリアライズの自動化ソフトウェアにより、試作品の造形や生産管理が効率的に行えるようになりました。生産データへの記録やサポート生成などのマニュアル作業を減らすことができ、時間を大幅に短縮することができました。また、Materialise e-Stageによる効率的で最適化されたサポート生成は、材料消費量の削減、部品品質の向上、サポート除去の迅速化にもつながりました。これはつまり、お客様のための付加価値の創造に、より多くの時間を費やすことができるということです。"
- Hunday Motor社、プロト車両開発チーム、シニアリサーチエンジニア、On, Han Woo氏

Materialiseソフトウェアについてもっと知りたいですか? Materialise Magics 3D Print Suiteをご覧ください。