モジュール

ソフトウェアを組み合わせて3Dプリント生産を徹底管理

3Dプリント生産管理用ソフトウェア Materialise Streamics はモジュール式で拡張可能なソリューション。さらに貴社の現場にあわせて Materialise MagicsMaterialise Build Processor(BP)Materialise Robot などその他の3Dプリント用ソフトウェアと連携させれば、3Dプリント工程のあらゆる情報を徹底管理できる生産管理システムとして機能します。

貴社の3Dプリント事業やそのワークフローに応じて、機能や自動化ツールが組み合わせ可能です。以下は現在ご利用可能なモジュール一覧です。
 

基本機能:

データベースの一元化 3Dプリント生産計画と造形準備 3Dプリント用データの自動分析 レポート作成 第三者業務システムとの連携

基本機能に追加できるオプションモジュール:

造形依頼の自動登録 自動STL変換・修正 自動見積もり 3Dプリンタとの通信

 

データベースの一元化

見積り、注文、パーツ履歴、造形計画、マシン実績、外作の記録など、造形前後の3Dプリント全工程に関する情報を確実に一元管理。さらに一部のワークフローも自動化し、事務作業や人為ミスの削減に役立ちます。

  • 各パーツの注文数、納期、3Dプリント方式やデータ編集の履歴、造形の進歩状況を管理
  • 造形するパーツや3Dプリンタの選択、造形準備、使用可能な3Dプリンタなど、3Dプリント工程全体のフローをわかりやすいスケジュール管理画面で確認
  • 各3Dプリンタのジョブファイル、稼働状況、造形品質や使用した材料のバッチ情報などを紐づけて管理
  • サポート除去、研磨、品質検査、色付けなど、各パーツの造形後に必要な仕上げ加工も一元データベースで表示、仕上げ担当者への指示もわかりやすく

3Dプリント生産計画管理と造形準備

3Dプリント用データ準備ソフト Materialise Magicsとの連携により、Materialise Streamics上でもパワフルなデータ準備機能がお使いいただけます。造形可否の判断、STL編集、データ配置(自動・手動ともに可)、使用する3Dプリンタに合わせたサポート生成(自動・手動ともに可)などもStreamics上で行えます。

例えばMagics上で準備した造形プラットフォームをStreamicsに保存し、各3Dプリンタの稼働状況に合わせてその造形に使用するマシンを決めることも。

3Dプリント生産計画管理と造形準備|Materialise Streamics

3Dプリント用データの自動分析

Materialise Streamicsに送られた造形用3Dファイルは自動分析にかけられます。造形可否やエラーの有無などの検査結果は自動でデータベースに保存、可視化されるので、手作業でのデータチェック作業は必要ありません。またデータチェック時の計算はサーバー上で行うため、各自のコンピュータの処理能力が遅くなることもありません。

レポート作成

3Dプリント生産実績のレポートやKPIなどを、お好みの書式で自動生成。Materialise Streamicsは注文パーツ、造形状況、3Dプリンタの使用状況に関するレポート生成機能を備えており、各現場のワークフローによってレポートをカスタマイズすることも可能です。

3Dプリント生産活動に関するレポート作成 |Materialise Streamics

第三者業務システムとの連携

3Dプリント作業には複数部署が関わるもの。APIを介して既存のERPシステムやウェブアプリケーションなどの業務システムと直接連携可能なMaterialise Streamicsは、組織内外の共同作業を簡易化します。

3Dプリント依頼の自動登録

3Dプリント依頼受付専用のウェブポータルサイトが、スムーズな造形注文受付とフォローアップを実現。このポータルを使えば設計・デザイン担当者は造形担当部署にいつでも3Dプリントを依頼できるため、電話での依頼やデータをなくす心配もありません。3Dプリント用データの提出も、ポータル上の指示に沿っていくだけで完了します。

さらに依頼済の3Dプリントの進捗状況に合わせ、関係者へ自動メールを配信することも可能です。

自動STL変換・修正

Materialise Streamicsは送信されたCADファイルを自動でSTL形式へ変換、さらにエラー修正も同時に行います。STL変換・修正後はソフトウェアが自動でデータを保存するので、手作業による介入は必要なし。

またデータチェック時の計算はサーバー上で行うため、各自のコンピュータの処理能力が遅くなることもありません。

3Dプリントコストの自動見積もり

Materialise Streamicsは、カスタム設定できるコスト計算式と各パーツの仕様をもとに各パーツの造形コストを自動で計算。サーバーに保存された見積もり計算式は、指定のユーザーが好きな時に適用できます。

見積もり時の計算はサーバー上で行うため、各自のコンピュータの処理能力が遅くなることもありません。

3Dプリンタとの通信

Materialise Build Processorと連携可能なMaterialise Streamicsは、各3Dプリンタ固有のパラメータを用いて造形ジョブファイルを自動生成。パーツへの自動ラベリングやシリアル番号付与も可能です。

特定の3Dプリンタの造形状況を監視したり、ログファイルを自動取得することも可能です。

3Dプリンタとの通信 |Materialise Streamics