複雑な設計を3Dプリント可能

マテリアライズ独自のスライス技術

モデルに対してテキスチャや各種の構造を適用すると、STLファイルのサイズは簡単に巨大化し、取り扱いが困難な状態になります。マテリアライズでは、必要な形状をスライスデータに対して直接付加することにより、途中のSTLファイルの段階を経ずに処理できるプロセスを開発しました。

Materialise 3-maticは、テキスチャの詳細(テキスチャのビットマップ、位置、サイズ、白黒オフセット)や、構造の詳細(エリア、グラフ、グラフの厚さ)をメタデータとしてモデルに含めることができ、Materialise Magicsでこれを読み込むことで、造形プラットフォーム上に配置できます。その後Materialise Build Processorテキスチャと構造を自動計算し、スライスデータ上に適用します

Array