解析ソフトとの連携

FEAやCFD解析用にメッシュ品質を最適化

FEAやCFD解析では、統一性があり、クリーンで最適化されたメッシュが求められます。Materialsie 3-maticは、トポロジー最適化、CAD、スキャン等、異なるツールに由来するさまざまなデータを簡単に組み合わせて、ボリューム要素メッシュを再作成し、FEA解析で使えるように品質を向上させることができます。完成したモデルは、必要なFEAのフォーマットでエクスポートできます。

大規模なFEA、CFD解析モデルの簡略化

FEAやCFD解析のためのメッシュは、品質が良いだけでなく、形状の複雑度が適切であることが重要です。Materialsie 3-maticでは、各種の再設計機能を利用して、丸みのあるエッジを直線化したり、細かい詳細を省略したりするなど、さまざまな調整を行うことにより、データサイズの大きなモデルを簡略化して、FEAに適したサイズにすることができます。

中空化による部品の重量削減とFEAへの出力

3Dプリントモデルの重量を削減することには、さまざまなメリットがあります。しかし、軽量化しても十分な性能を発揮できなければ、意味はありません。Materialsie 3-maticは、外部FEAソフトと連携して、設計の中空化による重量削減を支援します。