ウェビナー

金属 3Dプリントの可能性を広げる

金属3Dプリンティングは、この技術特有のユニークなデザイン性と金属の機械特性を兼ね備えており、今日の製品開発においてユニークな地位を占めています。これにより、ユーザーは全く新しいアプリケーションを開発したり、既存のアプリケーション(活用用途)を再考したりすることができます。 しかし、金属3Dプリントの技術を最大限に活用するためには、この技術への理解を深めることが重要です。

このウェビナーは、これから金属造形に取り組む方に向けて、注目度を増している金属3Dプリントの基礎知識の理解と活用を促す内容となっています。

 

Lipstick Gripper Render

 

ウェビナーの内容:

金属3Dプリントのユーザーをマテリアライズがどのように支援しているか、そのお客様がどのように金属3Dプリントをビジネスに活用しているか、マテリアライズの専門家がご説明します。デザインの再設計や複数パーツをひとつのパーツとして造形することにより費用対効果を最適化した事例と、金属造形のノウハウの影響と重要性を活かした金型設計の事例をご紹介します。

新たに販売を開始する金属AMの基礎が学べるオンライン講座についてもご紹介します。

 

Tsuyoshi Kobayashi

小林毅 

Taku Yada

矢田拓

小林毅

マテリアライズジャパン株式会社 ソフトウェア事業部 Sales Director
2003年製造業の担当営業として日本IBM入社。
2013年にマテリアライズジャパン入社。マテリアライズコントローラーを用いた金属造形機の装置開発、装置メーカー向けOEMソフトウェア等の担当を経て現職。
 

矢田拓

マテリアライズジャパン株式会社 ソフトウェア事業部 Application Engineer Team Leader
2000年に東京大学在籍時にFDMを知り、学部と修士で光造形を研究。
2004年にインクス(現SOLIZE)に入社し、主に粉末焼結の研究開発に従事。
2010年にマテリアライズジャパンにアプリケーション エンジニアとして入社し、ベルギー本社でのソフトウェア開発も経験し、現在は国内の3Dプリンタ ユーザー様を技術的に支援。

Personal Details

(optional)
feedbacks_answer3
//magic_answer1
//magic_answer2
gdpr