WEBINAR

臨床現場での3Dプリンティングの運用 

by Sarah Flora, the Program Director of Radiology’s 3D Lab at Geisinger Medical Center

Mimics Innovation Suite は、医用画像のセグメンテーション、デジタルデザイン、コミュニケーション機能を一つにまとめたソフトウェアのツールボックスです。院内で3Dプリントを運用する際に、3Dプリント業務を現在あるワークフローにスムーズに取り込むことができます。Mimics Innovation Suiteは、14,000以上の査読付き論文で引用されており、世界の多くの医療機器企業や医療施設で用いられています。欧米では、Mimicsと認定された3Dプリンタを使うことで、3Dプリントした解剖学的モデルを医療用に使用することができます。
 

このウェビナーでは以下のことを紹介します。

  • Geisinger Medical Centerでの3Dプリンティングの導入、活用事例。
  • 病院ベースのプログラムの予算確保のために、院内3Dプリンティングの価値を最大限にする方法。
  • Geisinger Medical Center3Dラボ運営経験からくる幅広い知識や成功するための秘訣。

Sarah Flora

講演者について

Sarah Floraは、ペンシルバニア州とニュージャージー州にまたがる14以上の病院組織であるGeisinger Medical Centerの放射線科3Dラボのプログラム・ディレクターで、画像処理の専門家であるMRICT技術者のグループを率いています。術前計画、患者と学習者の教育、手術シミュレーション、手術支援ツールを支援するために、患者固有の医療モデルのセグメンテーション、デザイン、および3D印刷を担っています。

医用画像診断の学士号を持ち、現在はペンシルバニア州立大学の不可製造(Additive Manufacturing:AM)・設計の工学修士プログラムに在籍しています。また、米国放射線技師協会(ASRT)、米国機械工学協会(ASME)3D プリンティング 医療ワークグループ、北米放射線学会(RSNA)3D Printing Special Interest Group(SIG)のメンバーとしても活躍しています。

 

※上記は海外における3Dプリンティングの活用事例です。

L-101262-01

Personal Details

Register to watch recording

(optional)
Additional Information
Materialise製品を使用されていますか?
所属、または関心分野
feedbacks_remarks3
Field of interest

本フォームを送信することで、Materialiseが私に対し、私が興味を持つ可能性がある製品やサービスに関する情報を配信することを許可します。また、この配信はいつでも停止できることを確認します。 私は私の個人情報がMaterialiseの プライバシーに関する通知 と正当な利益に従って処理されることを認識しています。

Internal Info
Helpers