マテリアライズとSimufact、金属3Dプリント用の解析ソフト技術提供へ向け契約締結

STL編集ソフトウェアMaterialise Magicsのユーザーは、Magics上で直接Simufactの解析技術を利用可能に。


高度な3Dプリント用ソフトウェア、ならびに工業・医療用の高度な3D造形サービスを提供するマテリアライズ(本社:ベルギー・ルーベン市、CEO:フリード・ヴァンクラン)は、金属3Dプリント用解析ソフトウェアを提供するSimufact Engineering(本社:ドイツ・ハンブルグ、CEO:マイケル・ウォールムート)とのOEMライセンス契約を締結したことを発表します。

解析技術を3Dプリントに取り入れるメリットは、造形前の工程管理や3Dプリンタ製パーツの品質管理がしやすくなること。Simufactとの協力体制により、STL編集ソフトウェアMaterialise Magicsのユーザーは今後使い慣れたMagics上で直接Simufactの提供する解析技術を使えるようになります。またSimufactの3Dプリント用ソフトウェアSimufact Additive上でもMaterialise Magicsのサポート生成技術が使用可能になります。

3Dプリント前に造形結果をシミュレートするのは大変複雑な工程です。そのため通常こうした作業には専門知識を持ったエキスパートの存在が不可欠。解析のノウハウを持つSimufactと3Dプリント工程に詳しいマテリアライズの協力体制は「3Dプリント工程内に解析を取り入れたい」と願うMagicsユーザーのワークフロー簡易化に貢献します。

マテリアライズのソフトウェア事業部長、ステファン・モッテは今回の契約締結に関して、以下のようにコメントしています。

「品質管理は、お客様の求める水準に見合う造形を行う上で今もっとも重要な課題です。今年マテリアライズが造形中と造形後のエラーを検知するソフトMaterialise Inspectorを発表したのはそうした理由から。今回のSimufactとの協力により、3Dプリント前にMagics上で造形不備のリスクを検知できるようになりました。3Dプリント業界で長年使われるMagicsと、確かな解析技術で市場をリードするSimufactの力を融合させれば、3Dプリントに特化したシミュレーション・ソリューションを提供できると確信しています」

「3Dプリント業界で長年使われるMagicsと、確かな解析技術で市場をリードするSimufactの力を融合させれば、3Dプリントに特化したシミュレーション・ソリューションを提供できると確信しています」

3Dプリント工程内に解析を導入するメリットのひとつは、造形失敗を未然に防ぎ、3Dプリント事業・研究の立ち上げ時にも短い時間で造形を軌道に乗せやすくなること。もうひとつは造形品質の高い、長く使えるパーツを3Dプリントしやすくなることです。今回Materialise Magicsに解析ツールが統合されれば、造形失敗のリスク見極めに現場の経験則だけでなく、判断基準を定量化することが可能になります。

「Magicsの強力なサポート生成技術がSimufact Additive上でも使えるようになるのは、Simufact Additiveのユーザーにも嬉しいニュースです」

「サポート生成は造形準備における標準的なステップ。解析結果をもとに造形プロセスを最適化しようと思ったとき、サポート構造は造形の成功率に大きく影響します」と説明するのは、Simufact engineeringのヘンドリック・シャーフテールCTO。「Magicsの強力なサポート生成技術がSimufact Additive上でも使えるようになるのは、Simufact Additiveのユーザーにも嬉しいニュースです。これで解析を経てからの造形までの3Dプリントプロセス全体がより強化されるでしょう」

握手を交わすSimufact engineeringのヘンドリック・シャーフテール社長兼CTO(左)とマテリアライズのソフトウェア事業部長、ステファン・モッテ(右)

握手を交わすSimufact engineeringのヘンドリック・シャーフテール社長兼CTO(左)と
マテリアライズのソフトウェア事業部長、ステファン・モッテ(右)

マテリアライズの3Dプリント用ソフトウェアに関して詳しくは、こちらをご覧ください。
http://materialise.com/ja/software/magics-3d-print-suite

Simufactの3Dプリント用ソフトウェアに関して詳しくは、こちらをご覧ください。
https://www.simufact.com/simufact-additive.html

本リリース関連の写真はSimufactのウェブサイトからダウンロードいただけます。

マテリアライズについて

マテリアライズは高度な3Dプリント用ソフトウェア製品や3Dプリントサービスを提供する、3Dプリント産業のパイオニアです。マテリアライズの27年以上にわたる業界経験を活かした多様な3Dプリント関連事業とソフトウェア製品は、3Dプリント産業全体のバックボーンを形成。そのオープンで柔軟なソリューションは医療、自動車、航空宇宙、アート、デザイン、消費者製品などさまざまな分野の企業が革新的な方法で3Dプリントを応用し、より良く健康な世界を作るのに役立てられています。本社をベルギーに、支社を世界中に構えるマテリアライズは、業界内最大のソフトウェア開発チームと世界最大級の3Dプリント施設を兼ね備えた組織です。

もっと詳しく

Simufactについて

MSCソフトウェア社傘下のSimufact Engineeringは、製造業向けのプロセスシミュレーション製品とサービスを提供する、国際的なオペレーションソフトウェア企業です。金属加工における設計と製造技術の最適化を目的としたシミュレーション・ソリューションの開発とサポートを20年以上にわたり実施してきた同社は、この事業分野で市場をリードする企業のひとつ。700企業以上で使用されているSimufactは順調に成長中の顧客基盤に支えられ、国際市場シェアを拡大中です。支社と代理店で構成された強力なネットワークも成長を続け、グローバルなサポート体制の基盤を築いています。Simufactのソフトウェア製品の主な対象は、自動車産業、機械工学、航空宇宙産業、また各産業内のサプライヤー 。ソフトウェアは一般的に、熱間鍛造、冷間成形、板金成形、圧延、リング圧延、開放型鍛造、機械的接合、熱処理、溶接プロセス、3Dプリントなどに用いられています。

Simufactについてさらに詳しくは、simufact.comをご覧いただくか、 Twitter で@Simufactをフォローしてください。

MSCソフトウェアは、地形および産業向けアプリケーション全体に渡る生産性と製品品質を管理する情報テクノロジーの世界的リーディングプロバイダー、ヘキサゴンの一員です。ヘキサゴンのソリューションはセンサー、ソフトウェア、ドメイン知識、顧客ワークフローを実行可能な情報へ進化させ、スマートテクノロジー形態に統合します。あらゆる基幹産業でこの技術は採用されています。50カ国におよそ1万8,000人の従業員を擁するヘキサゴンの純売上高は約31億ユーロです。

詳細はwww.hexagon.comをご覧いただくか、Twitter で@HexagonABをフォローしてください。

プレス窓口

Materialise

Kristof Sehmke - PR manager
+32 (0)16 660 428
kristof.sehmke@materialise.be
press@materialise.com

Simufact engineering gmbh

Volker Mensing
+49 (0)40 790128-160
volker.mensing@simufact.de

AddThis