マテリアライズとHOYAが提携、3Dプリンタ製バーチャルリアリティ装置と高精細視力検査機器をアイケア業界に提供へ

ベルギー、ルーヴェン市 - 2016年3月31日、Materialise NV (NASDAQ: MTLS) は、メガネ店向けのVR(バーチャルリアリティ)装置ならびに視力検査装置用機器の共同開発へ向け、HOYAビジョンケア社とパートナーシップを提携することを発表します。HOYAグループの一部であるHOYAビジョンケア社は、ハイテク医療用製品の提供を通じて医療技術業界をリードするグローバル企業です。アイケア専門家向けの製品開発を通じて競争の激しいメガネ業界の顧客サービスを改善し、各眼科医やメガネ店の差別化を助けることを目指すHOYA。マテリアライズのデザイン・エンジニアリング部門との共同製品開発、ならびに同社の認証済み積層造形設備を使った3Dプリンタ製パーツの製造によって実現しようとしています。

マテリアライズとHOYAのコラボレーションにより生まれた製品のうち、最初に市場に導入されるのは「HOYAビジョン・シュミレーター」と「HOYAアイ・ジーニアス」と呼ばれる2つのシステムです。「HOYAビジョン・シュミレーター」は、VR技術を利用して購入前のレンズ装着時の視界を店頭で体験できる画期的なツール。一方「HOYAアイ・ジーニアス」は固視ずれを検出する新たな機能を備えた視力検査用機器です。

このコラボレーションについてマテリアライズの製造事業部長、バート=ヴァンダー・シェーレン氏は次のようにコメントしています。「HOYAはこれまでも創造性とイノベーションを武器にニッチ市場をリードしてきたことでよく知られています。だからこそ彼らはマテリアライズとの製品共同開発に理想的なパートナーであるだけでなく、当社の認証済み積層造形設備の強みを引き出し、高品質な最終製品づくりに活かすことのできる企業です。市場へ導入され始めた最初の製品について好意的なフィードバックが得られてきた今、マテリアライズはHOYAと共に、3Dプリントが確かな付加価値をメガネ産業全体に届けられるということ証明していると言ってもいいでしょう。」

「マテリアライズには、HOYAブランドの名に相応しい品質と市場導入までのスピードを兼ね備えた新たなイノベーションを我々と共に企画・設計・製造できる理想のパートナーが揃っています。」HOYAビジョンケア社欧州・中東・アフリカ地域担当ニューメディアマネージャー、フェリックス・エスパーニャ氏は語ります。「メガネ業界に真のイノベーションをもたらし、最高の消費者体験を実現するべく、マテリアライズとHOYAのデザイン・エンジニアリング専門チームは密に連携しながらデザインの決定、技術や素材の選定を行います。マテリアライズのソフトウェア専門知識と製造設備はこうして出来上がったコンセプトを上質な最終製品へと変え、当社顧客のニーズに応える数量を生産できるのです。」

マテリアライズについて

マテリアライズは多様なソフトウェア製品や3Dプリントサービス提供に25年以上の業界経験を活かし、3Dプリント産業全体のバックボーンを形成しています。そのオープンで柔軟なソリューションは医療、自動車、航空宇宙、アート、デザイン、消費者製品など様々な分野の企業が革新的な方法で3Dプリントを応用し、より良く健康な世界を作るのに役立てられています。本社をベルギーに、支社を世界中に構えるマテリアライズは、業界内最大のソフトウェア開発チームと世界最大級の3Dプリント施設を兼ね備えた組織です。マテリアライズについて詳しくは www.materialise.com をご覧ください。   

マテリアライズ製造事業部について

3Dプリントを用いてラピッドプロトタイピングや積層造形を行うお客様がタイトな製造納期を守りつつ、最も厳しい業界の品質基準をも満たせるようサポートするのがマテリアライズ製造事業部です。事業部のデザイナーやエンジニアはお客様と密に連携しながら、価値ある3Dプリントの使用を実現する新たな製品やアプリケーションを共同開発しています。また、製造業向けの「Materialise OnSite」、小規模事業・消費者向けの「i.materialise」2つのオンラインプラットフォームを通じ、あらゆるお客様がマテリアライズの世界最大級かつ最も包括的な3Dプリント施設に簡単にアクセスすることを可能にしています。認証済み製造環境は、非常に規制が厳しい市場で事業を展開するお客様の要求に対応します。マテリアライズ製造事業部について詳しくは http://manufacturing.materialise.com をご覧ください。

 

 

HOYAについて

1941年に東京で設立されたHOYAは、グローバルな医療技術企業であり、革新的なハイテク、医療製品提供において業界をリードする企業です。HOYAは医療および情報技術の分野を中心に、眼鏡、医療用内視鏡、眼内レンズ、光学レンズ、および半導体装置、LCDパネル、HDD用の主要なコンポーネントを提供しています。世界中に150の事業所と子会社を展開するHOYAは現在、世界各国から採用された34,000人以上の従業員を抱えています。HOYAについて詳しくは www.hoya.com または www.hoya.euをご覧ください。

 

このリリースに関するお問い合わせ先

マテリアライズ

広報マネージャー

Vanessa Palsenbarg

 

電話: +32 16 39 66 37

Fax:    +32 16 39 66 00

電子メール: press@materialise.com

Twitter: @belgiancanuckまたは@MaterialiseNV

Webサイト: www.materialise.com

 

将来性の見通しに関する記述の注意

本プレスリリースには、1995年の米国証券民事訴訟改革法の「セーフハーバー」条項に関連する「将来性の見通しに関する記述」があります。これらの将来性の見通しに関する記述には、特に、当社が計画した商業化の努力および規制当局による当社の技術の承認およびその成功、当社の研究開発プロジェクトに関連する記述が含まれます。これらの将来性の見通しに関する記述は、本プレスリリースの時点における最新の想定の下での経営者による期待に基づいています。将来性の見通しに関する記述は、将来の業績を保証するものではなく、既知および未知のリスク、不確実性、および場合によっては当社の制御能力を超えて当社の期待から大きく逸脱した実際の結果を引き起こす可能性があるその他の要因を含んでいます。当社は本プレスリリースの発行日時点でこの情報を提供しており、連邦証券法の下で以前に開示した情報に関する重大な進展を更新および開示する義務を負わないかぎり、新しい情報、将来の事象などの結果として本表明に含まれている将来性の見通しに関する記述を更新する一切の義務を負わないものとします。

AddThis