Materialiseはシーメンス社のParasolidを統合し、従来のCADでのワークフローをMagicsで実現

ルーベン(ベルギー)  - 2021年12月7日。 3DプリントソリューションのグローバルリーダーであるMaterialise(マテリアライズ)は、シーメンス社のParasolid®のライセンスを取得し、業界最先端の造形準備ソフトウェアであるMagicsに統合します。

Parasolidの技術の統合により、MaterialiseMagicsの最新バージョン26において、CADのワークフローを追加し、メッシュ機能にさらなるツールセットを提供することが可能になります。パワフルな2つのソフトウェアのコラボレーションで、MagicsによるCADデータの修正が可能になり、生産性を高め、目的に合ったより正確かつスムーズなデータの準備ができるようになります。

「3Dプリント業界では長年にわたり、データ作成のワークフローとしてCADとメッシュのどちらが望ましいかの議論がされてきました。私たちは、どちらもそれぞれメリットがあり、両方のフォーマットをシームレスに統合することで、ユーザーに最適なワークフローを提供できると考えています」とMaterialise Software 副社長、Stefaan Motteは述べています。

Magics 26では、CADを使った設計最適化からメッシュベースのデータ作成まで、シームレスに移行することができるようになります。これにより、造形のためにメッシュデータにする前の確認や編集作業を、CADに慣れたデザイナーやエンジニアがより簡単に行うことが可能になります。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアが開発したPrasolidは、世界最高峰の3D ジオメトリ・モデリング・カーネルです。Prasolidは、シーメンス社のポートフォリオ、Xceleratorのオープンでフレキシブルなエコシステムの中核であり、200以上のソフトウェアベンダーに採用されています。ユーザーは350以上のPrasolidベースのアプリケーション間で、100%の3Dモデル互換性を持つことができます。

Parasolidソリューションの中核となるコンバージェント・モデリング・テクノロジーTMは、メッシュデータと従来のCADジオメトリを、同じ環境下で共存させることができ、予定外の時間消費やエラーの原因となるデータ変換の必要性を排除し、より効率的なオペレーションを可能にします。Magicsのユーザーは、クラス最高の技術を用いた部品編集のためのCADと、試行錯誤されたソリューションを用いたプラットフォーム準備のためのメッシュベースのオペレーションという、両方の世界の長所を享受することができます。

Magics 26は2022年の春にリリース予定です。3Dプリント向けのワークフローの統合でアディティブ・マニュファクチャリングの拡大をサポートします。

Magics on a computer screen

Matrerialiseについて

 Materialiseは、30年にわたる3Dプリントの経験をさまざまなソフトウェアソリューションと3Dプリントサービスに反映させており、これらが一体となって3Dプリント業界の屋台骨となるバックボーンを形成しています。Materialiseのオープンで柔軟なソリューションにより、ヘルスケア、自動車、航空宇宙、アート、デザイン、消費財など、さまざまな業界のプレイヤーが、世界をより良く、より健康的な場所にすることを目的とした革新的な3Dプリントアプリケーションを構築することができます。ベルギーに本社を置き、世界中に支社を持つMaterialiseは、業界最大のソフトウェア開発者グループと、世界最大級の3Dプリント施設を兼ね備えています。

Materialiseの詳細については、www.materialise.com/jaをご覧ください。

注:シーメンス社の関連商標については こちら

Materialise press contact

Nils Torke, PR Manager

Email: nils.torke@materialise.de
Or press@materialise.com
Twitter: @MaterialiseNV
Visit: www.materialise.com

AddThis