Whitepaper

院内3Dプリントを本格導入するための、6つのポイント

あなたが学ぶことは

  • 3Dプリントシステムを院内に導入することで、複雑な先天性心疾患や泌尿器系症例などの手術計画の手順がどう変わったか
  • コスト削減と回避による 院内3Dプリント の経済的効果
  • 臨床研修、患者へのケース説明、マーケティングや広報活動における3Dプリントの価値
  • 例えば、新しいアイディアのプロトタイプを作成して、研究助成金取得の可能性を広げ、院内のイノベーションを進めていくためのアイディア

Materialise医療機器ソフトウェアは、個々の現場の規制または医療慣行の対象となるため、すべての市場で販売されるとは限りません。 Mimicsまたは3-maticMedicalの規制登録を取得していない国では、調査版の利用が可能です。 お住まいの地域でのMaterialise医療機器ソフトウェアの入手可能性について質問がある場合は、Materialiseの担当者にお問い合わせください。

L-102849-01


以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket