Whitepaper

放射線画像からの3Dプリント。DICOMセグメンテーションの比較

本研究では、Digital Imaging and Communications in Medicine(DICOM)画像から3Dプリント可能なファイルを作成する一般的な2つの方法を調査し、ソフトウェアの有効性と効率性を比較しました。どちらの方法も紹介する医師や患者のニーズを満たす結果を出すことができますが、Mimics Innovation Suiteによって示された最適化されたワークフローでは、専用のソフトウェア機能により、より高速な処理が可能になっています。

あなたが学ぶことは

  • 医療における3Dプリントの役割
  • 3DプリントのためのDICOM画像処理におけるMimics Innovation Suiteと独立したCADソフトウェアの比較

Materialise医療機器ソフトウェアは、個々の現場の規制または医療慣行の対象となるため、すべての市場で販売されるとは限りません。 Mimicsまたは3-maticMedicalの規制登録を取得していない国では、調査版の利用が可能です。 お住まいの地域でのMaterialise医療機器ソフトウェアの入手可能性について質問がある場合は、Materialiseの担当者にお問い合わせください。

L-100522-01


以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket