オンラインセミナー

数値流体力学計算による左心房内血流の患者別解析

大阪大学大学院基礎工学研究科、生体機械システム研究グループの大谷智仁先生がJohns Hopkins大学医学部心臓内科、足利洋志助教授の研究グループとの共同研究で行った研究。Mimics Innovation Suite で患者個別の左房内血流を視覚化し、不整脈の傾向を分析することで脳梗塞のリスク計測に役立てました。

下記は本研究の関連動画です。


以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket

こちらもご覧ください

更なる感動