オンラインセミナー

制御されたパーツ自動配置を使って造形準備の課題を解決する方法

Parker Hannifin社のケイティ・エスパー、スティーブン・オストロスキ、ビクター・ロペス監修

SLSまたはMJFによる最適化された自動配置は、コスト削減、プロセスの合理化など、造形準備段階でしばしば直面する問題の克服に役立ちます。。 


この無料ウェビナーでは、MaterialiseのエキスパートがParker Hannifin社のAMエンジニアVictor Lopez氏と共に、Magicsのシンターモジュールでネスティングプロセスを制御することにより、これらの課題を克服するための迅速かつ最適なパーツ自動配置ソリューションについて説明します。 

あなたが学ぶことは

  • ビルド準備段階でユーザーが直面する最も一般的な課題とは?
  • 最適化されたパーツ自動配置プロセスが重要な理由
  • これらの課題を解決するために迅速かつ簡単な方法を提供するパーツ自動配置プロセスを制御する方法
  •  Parker Hannifin社が Magicsのシンターモジュールをどのように活用しているか

講演者


以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket

こちらもご覧ください

更なる感動