お客様についての話

Passive NIP: 「その素晴らしさはシンプルであること」 - ルーベン大学病院

4 分で読めます

hm-passive-nip.jpg

COVID-19によって大きな被害を受けた国の一つであるベルギー。そのベルギーのルーベン大学病院(UZ Leuven)は、パンデミックの最前線で不断の努力を続けている多くの病院の一つです。彼らは、重篤な患者の治療に直面しています。

重度の呼吸器系の問題がある患者のために、当院では単純な酸素マスクと挿管のギャップを埋める新しく使いやすいソリューションの臨床試験を主導してきました。そして今月初め、そのソリューションは、Materialise Passive NIPとして発表されました。 これは、肺の液体を押し戻し、より適切に血流に酸素を取り込めるように、酸素と高圧の組み合わせを提供するものです。

そのルーベン大学病院では、最近、Passive NIPを使用して最初の患者を治療したと聞いて喜んでいます。マスクはシンプルで、患者にとって価値があるものです。フィルターと密閉性の高いシールの組み合わせによって、エアロゾルを拡散させるリスクを低減できる可能性が有ることが、治療を通じて確認されました。

cimq-passive-nip-connector.jpg
当社のメディカルエンジニアが医師と協力して、標準的な医療機器を保持する3Dプリントコネクタを設計し、Materialise Passive NIPを開発しました。

取り付けが簡単で使いやすい

.医療機器設計と規制プロセスのノウハウに加えて、Materialiseの30年にわたる3Dプリンティングのエンジニアリング経験をベースに、当社の医療エンジニアと医師が協力して、標準的な医療機器、すなわちマスク、エアフィルター、PEEPバルブを保持する3Dプリンティングコネクタを設計することで、非侵襲的なソリューションを実現しました。 


ルーベン大学病院の麻酔科医であるProf. Arne Neyrinck は、「その素晴らしさはシンプルであること」だと述べています。NIPソリューションは、一般的に入手可能な構成部品で作られているため、取り付けが簡単で使いやすいのが特徴です。」 

セットアップするには、医療チームは酸素の供給源に接続するだけでよく、呼気終末に陽圧をかけるPEEPとも呼ばれる機構は、マスク自体の設計によって機能するように作られています。

NIPソリューションは、一般的に入手可能な構成部品で作られているため、取り付けが簡単で使いやすいのが特徴です

— Prof. Arne Neyrinck, UZ Leuven

 PEEPは急性呼吸器不全の患者にとって重要です。この正圧によって気道が開かれ、肺により多くの酸素を取り込むことができるようになります。COVID-19に感染した患者に対して、PEEPは酸素飽和度の改善に役立ちます。 

このソリューションは、セットアップが簡単で、すぐに作業を開始することができます。「マスクを装着して、希望するPEEPレベルに調節するだけで、マスクがPEEPを生成します。複雑な計算は必要ありません。また、NIPソリューションは、5~15L/分の酸素流量で動作するため、酸素供給がある標準的な病室であれば、どのような病室でも使用することができます。 

cimq-passive-nip-medical.jpg
セットアップは、Materialise Passive NIPを酸素の供給源に接続するだけです。

様々なタイプの患者に有効

は、NIPソリューションは複数のタイプの患者にとって価値があると考えています。「一方では、最近、侵襲的人工呼吸をやめた患者をサポートし、ICU施設から1日も早く退院させられる可能性があります」と、彼は言います。「もう一方では、酸素飽和度が低いが必ずしも集中治療室で治療する必要がない患者にも使用することができます。」 

これらの場合、NIPソリューションの非侵襲性が、「侵襲的な人工呼吸を適用する前と後の両方で、ICU施設での患者の平均滞在時間を短縮できる可能性がある」として、重要な意味を持ちます。 

と看護スタッフは、マスク自体の患者へのフィット感についても肯定的なフィードバックを返してくれました。ストラップとマスクが快適で、ソフトな質感で密閉性が高いと話しています。 

汚染リスクの低減

世界保健機関が発表しているように、感染者からの距離が1メートル以内でウィルスを吸い込むと、COVID-19に感染する可能性があります。「COVID-19患者を扱う施設では、特により大規模なエアロゾルの拡散によって、医療従事者の空気感染リスクが高くなる、とProf. Neyrinckは指摘しています。 

は、エアロゾルの拡散を減らすために、フィルターは密着性の高いシールでマスクに取り付けられています。 

WHOは非侵襲的なデバイスの使用に加えて、特定の個人用保護具の使用を推奨しています。 

臨床的検証がカギ

マテリアライズは現在、最適な使用法に関する追加のガイダンスを作成するために、ルーベン大学病院に加えて、複数の病院と協力しています。それと並行して、マテリアライズは、緊急を要する病院のために、現地の規制に準拠した緊急ソリューションとして提供するために、Materialise NIP コネクタとして、コネクタ自体をヨーロッパの一部の国で商業的に利用できるようにしました。 

このようなソリューションを通じて、当社は、より良くより健康的な世界を創造するというミッションを継続していきます。このような時代だからこそ、短期的には一人でも多くの患者さんのお役に立てるように、長期的には医療現場に変化をもたらすソリューションを生み出すために、コラボレーションがこれまで以上に重要になってきています。是非、私たちと共に、協力していきましょう。 

L-101170-01



以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket

こちらもご覧ください

このようなストーリーをお見逃しなく。 月に1度、メールで新しいコンテンツをご案内します。

より詳しい情報