トレンド

2024年 の3Dプリントトレンド「導入の増加とトレンドの変化」

1 分で読めます

白い楕円形のテーブルを囲んで座る男女2人

2023年はアディティブ・マニュファクチャリング(AM)産業にとっても変化と成長の年でした。そして、2024年も同様にエキサイティングな年になるでしょう。それでは具体的に何が期待されるのでしょうか?2024年に最も影響を与えると予想される4つのトレンドについてご覧ください。

毎年、年末になると、私たちはこの業界を振り返ります。「この1年で何が変わったのか?」そして、「来年はどうなるのか?」と自らに問います。通常、その答えは同じです。

「業界は成長を続けている。」ということです。

今年は少し異なります。3Dプリントの導入数が増えているだけでなく、様々な変化も見られます。アプローチの変化、発想の変化、市場の変化、そして制約の変化が目に見えて分かります。次に挙げるのが、2024年に最も影響を与えると予想されるトレンドです。

  • ‌3Dプリント:採用への2つの異なるアプローチ‌                           企業の3Dプリントの採用は、明確に定義され、尚且つ共存する2つのアプローチに移行しつつあります。
  • 3Dプリントの「ミドルクラス」増加:中程度の市場向けの中価格帯のマシン            従来、3Dプリントには、低予算向けの装置、もしくはハイエンドの装置の2つの選択肢のみでした。そのため、ニーズが十分に満たされていなかった顧客層が多く存在していました。
  • 3Dプリントへの考え方の変化:「なぜ?」から 「どのように?」へ
    企業は今や3Dプリントの利点を十分に認識しており、もはや「なぜ」それを使用すべきかということについては問われません。今は、「どのように」その技術を統合し、生産を拡大するかということに焦点が当てられています。
  • 3Dプリントと量産:夢が現実になるか?
    中国、アメリカ、ドイツなどの市場でのイノベーションにより、3Dプリントのコストがその利点と同様に望ましいものになってきています。3Dプリントは量産技術になり得るのでしょうか。

3Dプリント技術がもたらす輝かしい未来は明白であり、今後もその発展は続くことでしょう。これらのトレンドは、業界が如何に成熟し、変化し続ける製造業者のニーズを満たすためにシフトしているかを明確に示すものです。これらの動向についての詳細と、2024年の3Dプリントに最も大きな影響を与えるであろう理由について、以下の動画よりご覧いただくと共に、引き続き注目いただければと思います。


以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket

こちらもご覧ください

このようなストーリーをお見逃しなく。 月に1度、メールで新しいコンテンツをご案内します。