洗練された電子機器を内蔵しているが、一日中身に着けるのに十分に軽く、快適。イリスティックのスマートな安全メガネは、世界初の機能をもつ、デザインと電子工学の最先端です。オペレーターおよび検査官は、重要な情報を記録し、共有するために同僚にリアルタイムでビデオをストリーミングするためにスマートな安全メガネを使用することができます。またインターネットを介して技術データを呼び出すことが可能。音声制御およびバーコードのスキャンが実装されたツールは、品質管理およびフィールド保守のような産業の作業を完全にハンズフリーで実行するのを助けます。

しかし実際には、3Dプリンティングがなければ、着用者はこれらのメリットを実感するまでに長い時間を待たなければならなかったでしょう。アキレスデザインは、マテリアライズと協力して3Dプリンティングによる設計と生産を最適化した結果、予定よりも少なくとも6ヶ月早くイリスティックの少量生産を開始し、高価な金型が不要になることで初期投資コストを削減し、顧客の要求に合わせた機動性のある製品を市場に投入することができました。

Iristick.Z1 Smart Safety Glasses

Iristick.Z1 Smart Safety Glasses

スタートアップのリスク低減

ちょうど2年前、イリスティックは、1つの明確な目標を持ったベンチャースタートアップして起業しました。シンプルな目標ですが、課題も多いものでした。それは、「装着性」を犠牲にすることなく、いかにして重要で複雑な電子機器をフレームに組み込むか、いかにして費用対効果の高いデザインを微調整するか、そしていかにしてビジネスリスクを最小限に抑えるために、モックアップから市場投入までを迅速に行うか。

これらの疑問に答えるために、アキレスデザインはマテリアライズを招き、イリスティックと話をしました。「当初、3Dプリンティングを検討していたのはプロトタイピングの段階だけでした」と、イリスティックのCEOであるRiemer Grootjans氏は述べています。「私たちは、3Dプリンティングがプロセスを無駄のないものにし、複数回の設計を繰り返す柔軟性を提供してくれることを知っていました。」

「デザインパートナーのアキレスは、マテリアライズに連絡することを提案してくれました。彼らがそうしてくれてよかったと思っています。マテリライズがハイエンドのファッショングラスの造形ですでに経験を積んでいるのを見て、私たちは何か非常に重要なことに気がつきました。3Dプリンティングの利点を活用して、機動的な少量生産が可能になったのです。安全性とスマートグラスの造形はマテリアライズにとって新しいものでしたが、革新的な企業として、正しいソリューションを見つけるために協力したいという彼らの情熱が伝わってきました。そして、私たちの旅が始まりました。」

設計を最適化して生産を実現

最初の仕事は、提案された3Dプリント素材であるPA12プラスチックが、安全メガネに十分な強度を持つことを確認することでした。広範な衝撃テストやその他のテストを経て、この素材は承認を受けました。"アキレスデザインの製品開発責任者である Tim Ruytjens氏は、次のように述べています。「PA12は、試作品や製造の『聖杯』であり、多くの用途で使用されています。信頼性があり、強度と耐久性に優れ、表面仕上げにも優れています。」

次に、マテリアライズは、イリスティックおよびアキレスと協力して、3Dプリント生産のための設計を最適化しました。限られたスペース、というか、スペースがないことが、設計上の重要なハードルでした。一日中装着していても十分に軽くて快適な安全メガネに、必要なすべての電子機能を詰め込むことは容易ではありませんでした。この問題は、メガネの電子機器と内部スピーカーに適した音響スペースのための正確な空間を作ることで解決されました。このプロセスにより、洗練された高価な金型の必要性がなくなり、正しい答えを見つけるための素早いコンセプト変更が可能になりました。

イリスティックはまた、世界で唯一、装着者の耳に合わせて調整できるスマートグラスを開発することを決意しました。しかし、内部の電子機器のため、通常の調整方法であるメガネのツルを加熱したり曲げたりすることは不可能でした。その代わりに、マテリアライズは特許出願中の独自のスパイラルのような構造を3Dプリントされたツルに追加しました。この巧妙な解決方法により、完璧なフィット感を得るためにコールドベンディング(冷間曲げ加工)が可能になりました。「これを補完するために、電子機器をパッケージするための柔軟な熱収縮スリーブを使用した巧妙な組み立て手順を開発しました。私たちはこの問題を一緒に解決しました」とGrootjansは述べています。

Flexible 3D-printed arms on Iristick smart glasses

特許出願中のスパイラル状の構造により、3Dプリントされたツルをコールドベンディング(冷間曲げ加工)することができます。

同じ風景が見えているか?市場に対応した製品

これらの機能を調整してテストするスピードが速かったため、イリスティックは、予想されていた設計サイクルのプロセスを6ヶ月短縮して、市場に出る量産モデルの小ロット生産を開始することができました。同社のC1とZ1フレームは、すでにフィールドでテストされています。

このスマートグラスは、物流、フィールドサービス、セキュリティなどのアプリケーションにおけるオペレーターや検査官に、ハンズフリーでモバイルな作業ができる信頼性の高い使いやすいデバイスを提供します。また、ハウジング部品のほとんどが3Dプリントで巧妙に設計されているため、現行バージョンのC1モデルの重さはわずか62gです。

各モデルには、9軸モーションセンサーと3軸調整可能なヘッドアップディスプレイが右レンズに搭載されています。音声コマンドと同様に、メガネはタッチパッドのジェスチャーコントロール、ズーム機能(最先端のZ1のズームレンズは、2メートル離れた場所からバーコードを読み取ることができます)を提供し、遠隔支援のための「You-see-what-I-see:あなたが見た同じものが見える」アプリケーションを可能にします。「たとえば、制御室から支援している専門家は、まるで目の前に立っているかのように、ズームインして細かい部分を検査することができます。」とGrootjans氏は説明します。

Iristick's industrial smart glasses are equipped with a camera

イリスティックの産業用スマートグラスは、カメラと優れたズームレンズを搭載しています。

機敏な優位性、完璧なパートナーシップ

イリスティックにとって重要なことは、3Dプリンティングは単に市場投入までの時間を短縮しただけではないということです。3Dは、現実世界のフィードバックや需要に合わせた無駄のない俊敏な戦略を採用することを可能にしました。「3Dはここまで到達するのに役立ちましたが、前進するための柔軟性も与えてくれました」とGrootjans氏は述べています。「顧客と一緒にデザインをテストし、必要に応じて変更を加えることができます。顧客が別の色や表面の質感を変えたオーダーメイドのメガネを希望する場合、それは簡単に実現できます。デザインを少し変更して、他のクライアントへの供給を中断することなく、必要なだけ造形するだけです。」

「これは、市場でこの種の最高のソリューションを開発し続けるのに優位性を持つものです。
私たちは、3Dプリンティングは、単にAからBへと私たちを連れて行ってくれるものだと考えていました。

マテリアライズとアキレスとのパートナーシップのおかげで、私たちはそれ以上のことができるようになりました。」

Riemer Grootjans, Iristick CEO

イリスティックは現在、世界初の3Dプリントのスマートグラスと初の3Dプリントの安全グラスを販売しており、最近では製品のさらなる商業化を目指してEUからの資金援助を受けています。「当初、私たちは大まかなプロトタイプを持っただけの無名の会社でした。今では、非常に多くの点でユニークな製品を手に入れました。」と Grootjans氏は話しています。

アイウェア業界におけるアディティブマニュファクチャリング

あらゆる目は同じではありませんし、あらゆるブランドも同じではありません。では、なぜあなたのメガネは他の人と同じでなければならないのでしょうか?3Dプリントされたメガネは、見た目だけでなく、あなたとあなたの顧客のためのハイエンドなメガネのデザインと製造の新しい世界を切り開きます。あなたのブランドを表現してください。マスカスタマイゼーションの時代へようこそ。

Discover 3D printing for eyewear Get in touch

他の活用事例を読む

キーワード 業界 ソリューション