TUTORIAL VIDEO

3Dプリンタ用に簡単にデータをカットする方法

大きなパーツを3Dプリントしたい場合、サイズにより3Dプリンタに収まらないことがあります。その場合には、パーツをカットしたり、後から組み立てたられるように、適切なソフトウェアが必要です。下記のチュートリアルでは、Materialise Magicsソフトウェアが提供する幅広いカットツールについて説明します。簡単なものから高度なものまで、様々なカット方法をご紹介します。

 

前提条件

chevron_right Materialise Magicsソフトウェア  無料体験版お申込み

このチュートリアルはMaterialise Magicsを使用して作成されています。一部の機能はMaterialise Magics Essentialsソフトウェアと異なる場合があります。

動画トピックス

ビデオ全てを視聴する時間がない場合は以下の時間を参考に興味のあるトピックのみの視聴が可能です。

  • カット/パンチツールの検索 0:40
  • ポリラインカット 0:45
  • 角のR付け 1:23
  • ポリラインを歯形状にしクリアランス付け 2:17
  • ストレート断面カット 3:17
  • 嵌め合い断面カット 4:04
  • 接続ピン/ピン穴 断面カット 6:20

各ステップの説明

  1. パーツを選択します
  2. ツールからカット/パンチを選択します
  3. ポリラインをカットするには、「ポリラインの表示」をクリックしてポリラインを描き、「適用」をクリックします
  4. ポリラインの角を丸めるには、「角R」をクリックします
  5. 組立ての際に接着剤用のスペースを確保するために、クリアランスを有効にすることができます。クリアランスは、カットラインの内側、外側、または両側に設定できます
  6. ポリラインに歯形状を追加して組み立てを用意にすることができます。歯のタイプ、サイズ、オフセットの選択が可能です
  7. セクションビューを使ってカットを適用することもできます。表示ページ >> マルチセクションに移動し、選択したセクションビューを有効にします
    1. 基本オプションは、定義されたセクションに基本的なカットを適用します
    2. 嵌め合い断面カットは、片側に突起、もう片側に窪みのあるL字型のプロファイルを作成しながらカットします。このプロファイルは、輪郭全体に適用することも、定義した2点間の輪郭の一部に適用することもできます
    3. 接続ピン/ピン穴は、片方の面に穴を開け、もう片方の面にその穴に合うピンを同時に作りながらカットします
  8. 設定が完了したら、「OK」をクリックします

チュートリアル作成日 17 4月 2018
最終変更日 17 4月 2018

作成者: Aylin Kertik

Benefit from these data preparation
features with Materialise software

Find the software program that suits your needs and try it for free!

Discover more and start trial

Didn't find what you're looking for?

In addition to a detailed ʻHelpʼ function in all of our products, our tutorials, and the other resources here in the Materialise Academy | Software, our expert support team is available to answer your questions and provide any necessary assistance. For customers with a maintenance package, this support service is included.

Find the answer Contact our support team