Whitepaper

ポイント・オブ・ケア3Dプリンティング
(院内3Dプリント)実施による成果

Todd Pietila Global Business Development Manager for Hospital 3D Printing, Materialise

公開日: 2018年 10月
 

1981年ごろ初めて医用画像データから患者固有の解剖模型が作成されて以来、ポイント・オブ・ケア3D プリンティング(院内3Dプリント)は注目され、近年その需要はさらに高まってきています。業界の勢いや報告されている患者ケアへの効果によって、医療現場における3Dプリント技術の発展は今後も続くと期待されています。 院内3Dプリントが進む海外での例を元に、その影響を具体的に紹介します。

ホワイトペーパーをダウンロード

ホワイトペーパーの内容:

  • 3Dプリントシステムを院内に導入することで、複雑な先天性心疾患や泌尿器系症例などの手術計画の手順がどう変わったか
     
  • コスト削減と回避による 院内3Dプリント の経済的効果
     
  • 臨床研修、患者へのケース説明、マーケティングや広報活動における3Dプリントの価値
     
  • 例えば、新しいアイディアのプロトタイプを作成して、研究助成金取得の可能性を広げ、院内のイノベーションを進めていくためのアイディア
3D-Printed Anatomical Model: Pelvis Model 2004

3D-Printed Anatomical Model: Pelvis Model 2004

3D Printing references available on Pubmed *2018 projected

3D Printing references available on Pubmed *2018 projected

無料でダウンロード: ポイント・オブ・ケア3Dプリンティング(院内3Dプリント)実施による成果

Personal Details

Register to watch recording

(optional)
Additional Information
Materialise製品を使用されていますか?
所属、または関心分野
feedbacks_remarks3
Privacy Policy Agreement
Internal Info
Helpers
The Impact of Implementing 3D Printing at the Point-of-Care

About Materialise Medical

Materialise is a global 3D printing software and services company whose medical division is dedicated to enabling researchers, engineers, and clinicians to revolutionize patient-specific treatment that improves and saves lives. Our open and flexible platform, Materialise Mimics, forms the foundation of certified Medical 3D Printing and incorporates a comprehensive range of software solutions and 3D printing services. With over 27 years of excellence, we work alongside our customers in healthcare, automotive, aerospace, consumer goods, art, and design, to build groundbreaking 3D printing applications that make the world a better and healthier place.