お客様についての話

Transformative TV: Mindwareが障害者の新しい可能性の創造を支援

2 1分で読めます

hm-mindware-team-scheire-collaboration.jpg

Lienは脊髄の変性疾患を持つロックギタリストで、以前は隅っこの箱の上に座って演奏していましたが、今、彼女のために特別に作られた玉座からステージを指揮しています。 また、ケータリングマネージャーのDebbyは生まれつき左手がありませんでしたが、今ではウェイターの誰よりも効率的に配膳することができます。 2つの全く異なる夢が現実になったストーリーをお伝えします。 そして、 Materialise Mindware のチームの支援がその背景にありました。

Materialise Mindwareのイノベーション担当ディレクターのKristel Van Bergh氏とデザインエンジニアのRoman Plaghki氏が、Team Scheireに参加するために招待されました。 このベルギーのテレビ番組では、エンジニア、デザイナープログラマーが一堂に会し、障害を持つ人々が経験する日常的な課題を解決します。

materialise-mindware-team-3d-printed-solutions.jpg
MindwareのメンバーであるKristelとRomanは、LienとDebbyがそれぞれ直面する固有の課題を解決するために協力しました。Photo credit: Canvas and Sputnik

「Team Scheireは、実生活で問題を抱えた実在の人々に変化を起こすために最先端技術を使用しています。」とKristelは言います。「私たちはLienとDebbyがそれぞれ直面する固有の課題を解決するために協力しました。

mindware-team-scheire-tv-show .jpg
ベルギーのテレビ番組「Team Scheire」は、人々が直面する固有の課題を解決するために最新技術を取り入れています。Photo credit: Canvas and Sputnik

3Dプリントされたスカルが目を引くLienの持ち運び可能な玉座は、どんなステージでも自信を持って演奏できるように、ツインギターの背もたれ、使いやすいエフェクトペダル、カップホルダーまでついています。

Debbyは、お客さんに配膳する際に、何杯もの飲み物を用意しなければなりません。 そこで、Mindwareチームは、彼女の腕を3Dスキャンして、Debbyが正確にサービングトレイを持ち、ウェイターのお手本となれるように、カスタマイズされたデバイスを作製しました。

mindware-3d-printing-process.jpg
MindwareのチームメンバーであるRomanとKristelは、ベルギーのテレビ番組「team Sheire」の一部として、3Dプリントを使用してカスタムのデバイスを作製しました。 Photo credit: Canvas and Sputnik

「二人の女性の希望の実現を助け、彼女たちがどのように変わっていくかを見ることが出来て、本当に満足しています」とRomanは言います。

Team Scheireはフルタイムのプロジェクトであり、RienとDebbyへ完璧なデバイスを作るために通常の営業時間も活動する必要がありました。

二人の女性の希望の実現を助け、彼女たちがどのように変わっていくかを見ることが出来て、本当に満足しています。

— Roman Plaghki, Design Engineer, Materialise

アディティブ・マニュファクチャリングは、両方のプロジェクトに命を吹き込みました。 Kristelは次のように付け加えています。「3Dプリントでは、精密な部品を作成することができ、設計から完成品まで本当に迅速に移行することが可能です。私たちが想像できるものは、作ることができます。これこそが、これらの夢を実現できた理由であり、私にとっては、アディティブ・マニュファクチャリングを実践するエンジニアやクリエーターと一緒に仕事をすることの素晴らしさです。本当に光栄です。」

舞台裏のビデオを見て、クリエイティブなプロセスが実際に行われていることを確認してください。


以下で共有する:

Share on Facebook
Share on Twitter
Share on LinkedIn
Share with Pocket

こちらもご覧ください

このようなストーリーをお見逃しなくなく 月に1度、メールでこれらの通知をお送りします。

更なる感動