Medical

3Dプリンタ製サージカルガイドが、6歳がん患者の膝関節温存の一助に

ソリューション: Surgical Guides

ヘレナの膝に悪性腫瘍が見つかったのは、彼女がまだ6歳のとき。腫瘍は膝関節のすぐ近くに位置していたため、通常の治療法では足を切断せざるを得ないと予想されていました。ヘレナの膝をなんとか温存できないかと考えた担当医、グウェン・シス医師は3Dプリントを活用する方法を思いつきます。

詳しく読む