Software

Materialise e-Stageの実力-Shree Rapid Technologies社はサポート生成のための樹脂材料消費量を50%削減

ソリューション: e-stage, Magics

Shree Rapid Technologies 社が Materialise e-Stage を使用して、サポート生成のための材料消費を 50% 削減した方法をご覧ください。

詳しく読む
Software

樹脂と金属向けの3Dプリントを30%高速化するMarchesini Groupの旅

ソリューション: e-stage

 3Dプリンタを1日に最大21時間稼働させているMarchesini Group は、カスタマイズされたパーツの造形をより効率的に行うためにe-Stageを利用しています。この包装機械メーカーは、医薬品、化粧品、食品などの分野の顧客のニーズを満たすために、アディティブ・マニュファクチャリングの利点を全面的に取り入れています。

詳しく読む
Software

Hyundai Motor社、自動化ソフトウェアで生産効率を向上

ソリューション: e-stage, Streamics

3Dプリント技術を利用することで、新製品を迅速かつ費用対効果の高い方法で作りあげることができ、設計上の制限や材料の無駄がほとんどない状態でデザインを試すことができます。さて、Hyundai Motor社は、Additive Manufacturing(アディティブ・マニュファクチャリング)の生産をどのように効率的に管理しているのでしょうか。

詳しく読む
Software

受注増の現場をバックアップ - 金属加工のスペシャリスト日進製作所がe-Stage for Metalを選んだ理由

ソリューション: Additive Manufacturing, e-stage, Magics, Metal 3D Printing

自動車に使われる金属部品や工作機械の製造、金属3Dプリンタによる試作部品の製造などを手掛けている日進製作所。急増する受注と短納期の依頼に対していかに生産性を高めるかが必須の課題に。Materialise Magicsとe-Stage for Metalを導入した経緯と、その効果を伺いました。

詳しく読む
Software

453分割された靴の底面にテクスチャリング

ソリューション: 3-matic, Build Processor, e-stage, Magics, Stereolithography

靴メーカーは、靴底を鋳造するためにマスターを使用することが多いです。最近では、大手の靴メーカーにおいては、靴底の種類ごとに型を作るのではなく、靴底が3Dプリントされています。各表面領域にテクスチャを手動で割り当てるには、多くの時間がかかります。さらに、コンピュータでは処理できない膨大なサイズのSTLファイルを作成することになります。

詳しく読む
Software

Tata Motors 試作品生産の効率を改善

ソリューション: 3-matic, e-stage, Laser Sintering, Magics, Stereolithography

タタ・モーターズは、900万台以上の自動車、バス、トラックなどを製造しており、インドの自動車産業をリードしています。また、生産量の大半を自国で生産することで、インドの成長を刺激するために立ち上げられたインド政府の「Make in India」政策に貢献しています。インドの自動車産業の牽引役として、彼らは、レーザー焼結機と光造形機の両方を使用して、試作品開発のための新技術として3Dプリンティングを活用することに積極的に挑戦しました。しかし、これらの技術を最も効率的に使用するにはどうすればよいのでしょうか?

詳しく読む
Software

3Dプリンタ製アルミドローン、Materialise e-Stageの利用でサポート除去時間を半分に

ソリューション: Aluminium, e-stage, Metal 3D Printing

フランスの大手サービスビューロvolum-eが、新たに発表された Materialise e-Stageの金属サポート自動生成機能を用いてアルミ製のドローンを3Dプリント。サポート設計時間を80%、サポート除去時間を50%短縮することに成功しました。

詳しく読む
Software

マテリアライズの3Dプリント技術が、Nikeのアートプロジェクト実現を支援

ソリューション: Additive Manufacturing, e-stage, Magics, Mammoth Stereolithography

世界初の3Dプリントによるドレス製作の協力者であるDaniel Widrig氏は、ロンドンを拠点とするアーキテクト・デジタルデザイナー。今回、彼はNike FreeおよびNike Flyknitスペシャルエディションのランニングシューズの世界発売のプロモーションにあたり、「動く身体のエッセンス」を捉えた彫像制作のプロジェクトに迎えられました。NikeとDaniel氏が人間の動きの繊細なエッセンスに命を吹き込んだ彫刻実現には、マテリアライズの3Dプリント造形技術とソフトウェアも一役買っています。

詳しく読む