Software

パンケーキを無駄にしない! AM導入により変革されたベーカリーの生産ライン

ソリューション: Build Processor, Magics

Pancake production lines were experiencing issues with waste before K3D stepped in. See how K3D combined its expertise with robust software from Materialise and industrial printers from Additive Industries to transform bakery production lines.

詳しく読む
Software

1日分の作業が20分に:3DPプロセスパラメータ開発を自動化

ソリューション: Build Processor

アディティブ・マニュファクチャリング(AM)用に金属材料の認定は、一般的には、面倒で時間のかかる作業です。Materialise Process Tunerでワークフローの自動化を行うことで、Rosswagチームは毎月20時間以上のエンジニアリング時間を削減できます。

詳しく読む
Software

VTT、有機的かつ軽量な油圧バルブを発表

ソリューション: 3-matic, Additive Manufacturing, Build Processor, Magics, Metal 3D Printing

フィンランドのVTT技術研究センターは、油漏れのリスクを最小限に抑えた、強くて軽い油圧バルブを製造したいと考えていました。これは従来の製造技術では不可能な課題であったため、3Dプリントの可能性を探ることにしました。

詳しく読む
Software

LatticeモジュールでSmoby用金型設計を最適化

ソリューション: 3-matic, Build Processor, Metal 3D Printing

フランスのトップおもちゃメーカーのSmobyはライトニング・マックィーンのバケツやリュックなど子どもたちの夢を叶える製品を作っています。おもちゃの一部は3Dプリント技術に精通した研究センターであるIPCにより製造されています。ライトニング・マックィーンのミニカーを製造するにあたり、IPC社は車の形状に沿った冷水管を備えた、これまでにない性能を持つ金型を造形することにしました。

詳しく読む
Software

453分割された靴の底面にテクスチャリング

ソリューション: 3-matic, Build Processor, e-stage, Magics, Stereolithography

靴メーカーは、靴底を鋳造するためにマスターを使用することが多いです。最近では、大手の靴メーカーにおいては、靴底の種類ごとに型を作るのではなく、靴底が3Dプリントされています。各表面領域にテクスチャを手動で割り当てるには、多くの時間がかかります。さらに、コンピュータでは処理できない膨大なサイズのSTLファイルを作成することになります。

詳しく読む
Software

金属3Dプリントとトポロジー最適化で軽量化 チタン製建築金具

ソリューション: 3-matic, Build Processor, Magics, Metal 3D Printing, Renishaw

マテリアライズ、アルテア、レニショーによる共同研究の結果生まれたのは、格子構造を用いて軽量化した次世代型のスパイダーブラケット。データ準備からチタンを用いた立体造形に至るまで、3社それぞれの強みを融合することで実現したプロジェクトの舞台裏をご紹介します。

詳しく読む
Software

4ヶ月で金属3Dプリンター開発 マテリアライズの制御システムで実現

ソリューション: Build Processor, Magics 3D Print Suite, Materialise Control Platform, Metal 3D Printing

ドイツで製造業を営む企業FMTSに中国から舞い込んだ「新型金属3Dプリンターをなるべく短期間で効率的に製造してほしい」との依頼。FMTSは納期内に新型3Dプリンターを完成させるべく、マテリアライズと共にこのチャレンジに挑むことに。

詳しく読む
Software

高機能3Dプリント用ソフトで実現、トヨタの軽量カーシート

ソリューション: 3-matic, Build Processor, Laser Sintering

「なるべく小体積で軽量、なおかつ最適な熱容量を持つカーシートのプロトタイプを作りたい」。トヨタ自動車と豊田中央研究所からマテリアライズのエンジニア達に寄せられたのは、そんなチャレンジングな依頼。非常に大容量の3Dデータを扱いつつ革新的なシートをデザインするという難易度の高い課題でしたが、マテリアライズのエンジニアチームはこのプロジェクトに喜んで飛びつきました。

詳しく読む