Software

Materialise ソフトウェアが世界最大のジェットエンジンの開発に貢献した経緯

ボーイング社の次世代ジェット機777Xのために開発された世界最大のジェットエンジンGE9Xは、2018年3月にGEの飛行試験場で初飛行を行いました。その重要な3Dプリントされたタービン部品がどのようにMaterialiseソフトウェアソリューションを使用して作成されたか、また、これらの同じソリューションがどのようにIndustry 4.0の認証製造による量産の力になるかをご覧ください。

詳しく読む
Manufacturing

3Dプリントされたパーツがついにエアバス機内の内装に。

ソリューション: Certified Additive Manufacturing

航空機材のレトロフィット(古い機体を改装、改良すること)する際「リードタイム」は欠かすことのできない要素。客室が新しくなる時、パネルやスペーサー部品のデザイン変更が必要になることもしばしば。そんなときに求められるのは、素早く少量生産することです。そういったスペーサーパネル製造における効率のよい解決策を探していたエアバスが見出したのは、マテリアライズの航空宇宙分野での認証を得たAM製造。

詳しく読む
Software

3Dプリンタ製アルミドローン、Materialise e-Stageの利用でサポート除去時間を半分に

ソリューション: Aluminium, e-stage, Metal 3D Printing

フランスの大手サービスビューロvolum-eが、新たに発表された Materialise e-Stageの金属サポート自動生成機能を用いてアルミ製のドローンを3Dプリント。サポート設計時間を80%、サポート除去時間を50%短縮することに成功しました。

詳しく読む