金属3Dプリントとトポロジー最適化で軽量化 チタン製建築金具

ソリューション: 3-matic, Build Processor, Magics, Metal 3D Printing, Renishaw

マテリアライズ、アルテア、レニショーによる共同研究の結果生まれたのは、格子構造を用いて軽量化した次世代型のスパイダーブラケット。データ準備からチタンを用いた立体造形に至るまで、3社それぞれの強みを融合することで実現したプロジェクトの舞台裏をご紹介します。

4ヶ月で金属3Dプリンター開発 マテリアライズの制御システムで実現

ソリューション: Build Processor, Magics 3D Print Suite, Materialise Control Platform, Metal 3D Printing

ドイツで製造業を営む企業FMTSに中国から舞い込んだ「新型金属3Dプリンターをなるべく短期間で効率的に製造してほしい」との依頼。FMTSは納期内に新型3Dプリンターを完成させるべく、マテリアライズと共にこのチャレンジに挑むことに。

高機能3Dプリント用ソフトで実現、トヨタの軽量カーシート

ソリューション: 3-matic, Build Processor, Laser Sintering

「なるべく小体積で軽量、なおかつ最適な熱容量を持つカーシートのプロトタイプを作りたい」。トヨタ自動車と豊田中央研究所からマテリアライズのエンジニア達に寄せられたのは、そんなチャレンジングな依頼。非常に大容量の3Dデータを扱いつつ革新的なシートをデザインするという難易度の高い課題でしたが、マテリアライズのエンジニアチームはこのプロジェクトに喜んで飛びつきました。