タグ付きの記事を表示 "3-matic"

453もの靴底面にテクスチャリングを:テクスチャリング機能の価値を見出す

ソリューション: 3-matic, Build Processor, e-stage, Magics, Stereolithography

靴メーカーは、靴底を鋳造するためにマスターを使用することが多いです。最近では、大手の靴メーカーにおいては、靴底の種類ごとに型を作るのではなく、靴底が3Dプリントされています。各表面領域にテクスチャを手動で割り当てるには、多くの時間がかかります。さらに、コンピュータでは処理できない膨大なサイズのSTLファイルを作成することになります。

Tata Motors 試作品生産の効率を改善

ソリューション: 3-matic, e-stage, Laser Sintering, Magics, Stereolithography

タタ・モーターズは、900万台以上の自動車、バス、トラックなどを製造しており、インドの自動車産業をリードしています。また、生産量の大半を自国で生産することで、インドの成長を刺激するために立ち上げられたインド政府の「Make in India」政策に貢献しています。インドの自動車産業の牽引役として、彼らは、レーザー焼結機と光造形機の両方を使用して、試作品開発のための新技術として3Dプリンティングを活用することに積極的に挑戦しました。しかし、これらの技術を最も効率的に使用するにはどうすればよいのでしょうか?

金属3Dプリントとトポロジー最適化で軽量化 チタン製建築金具

ソリューション: 3-matic, Build Processor, Magics, Metal 3D Printing, Renishaw

マテリアライズ、アルテア、レニショーによる共同研究の結果生まれたのは、格子構造を用いて軽量化した次世代型のスパイダーブラケット。データ準備からチタンを用いた立体造形に至るまで、3社それぞれの強みを融合することで実現したプロジェクトの舞台裏をご紹介します。

金属3Dプリントで生産 従来比63%軽量のチタン製航空宇宙部品

ソリューション: 3-matic, Lightweight Structures, Metal 3D Printing

マテリアライズはこの3-maticソフトウェアを使って航空機用ブラケットを3Dプリント用に最適化し、金属3Dプリントを専門に行うドイツ、ブレーメン工場で造形しました。結果できあがったのは、従来の製法で作られたものと比べ63%軽量化されたチタン製部品です。

チタン製人工衛星用ジョイント部品、金属3Dプリントで66%軽量化

ソリューション: 3-matic, Metal 3D Printing

人工衛星を軌道に乗せる際、その重量1kgあたりに約200万円もの費用がかかること、みなさんはご存知でしたか?マテリアライズの3Dプリントサービス事業部とITサービス企業 Atos は新型パーツの重量を旧型と比べ66%削減することに成功しました。

高機能3Dプリント用ソフトで実現、トヨタの軽量カーシート

ソリューション: 3-matic, Build Processor, Laser Sintering

「なるべく小体積で軽量、なおかつ最適な熱容量を持つカーシートのプロトタイプを作りたい」。トヨタ自動車と豊田中央研究所からマテリアライズのエンジニア達に寄せられたのは、そんなチャレンジングな依頼。非常に大容量の3Dデータを扱いつつ革新的なシートをデザインするという難易度の高い課題でしたが、マテリアライズのエンジニアチームはこのプロジェクトに喜んで飛びつきました。

アディダス Futurecraft:3Dプリントで究極のランニングシューズを生産

ソリューション: 3-matic, Additive Manufacturing, Streamics

アディダスは、アスリートの足に合わせて3Dプリントで生産を行うランニングシューズ用ミッドソール「adidas Futurecraft 3D(フューチャークラフト・スリーディー)」を発表。

スーツケースの新スタンダード: Samsoniteを最新イノベーションで支援

ソリューション: 3-matic, Rapid Prototyping

Samsoniteデザインチームのミッションは旅する人の最高のパートナーとなる製品を生み出すことであり、世界初のかばんや旅行アクセサリーを製作してきました。

Nokia Lumia 820用カバーの3Dプリントへの最適化

ソリューション: 3-matic, i.materialise, Magics

携帯電話メーカーとして初めて、誰でもカスタムケースが3DプリントできるようNokia Lumia 820の図面を公開したノキア。マテリアライズのオンライン3Dプリントサービス i.materialise チームもこの図面をダウンロードし、早速ケースを3Dプリントすることに。

フォーミュラグループT 「Areion」: 世界初の3Dプリントされたレースカー

ソリューション: 3-matic, Mammoth Stereolithography, Stereolithography

名門の学生フォーミュラチャレンジ2012グループTで、16名の次世代のエンジニアのチーム「Areion」が、3Dプリントのパーツで製作された世界初のレースカーを発表しました。