受注増の現場をバックアップ - 金属加工のスペシャリスト日進製作所がe-Stage for Metalを選んだ理由

ソリューション: Additive Manufacturing, e-stage, Magics, Metal 3D Printing

自動車に使われる金属部品や工作機械の製造、金属3Dプリンタによる試作部品の製造などを手掛けている日進製作所。急増する受注と短納期の依頼に対していかに生産性を高めるかが必須の課題に。Materialise Magicsとe-Stage for Metalを導入した経緯と、その効果を伺いました。

Tata Motors 試作品生産の効率を改善

ソリューション: 3-matic, e-stage, Laser Sintering, Magics, Stereolithography

タタ・モーターズは、900万台以上の自動車、バス、トラックなどを製造しており、インドの自動車産業をリードしています。また、生産量の大半を自国で生産することで、インドの成長を刺激するために立ち上げられたインド政府の「Make in India」政策に貢献しています。インドの自動車産業の牽引役として、彼らは、レーザー焼結機と光造形機の両方を使用して、試作品開発のための新技術として3Dプリンティングを活用することに積極的に挑戦しました。しかし、これらの技術を最も効率的に使用するにはどうすればよいのでしょうか?

日産自動車に聞く Materialise Magics と Sinter モジュールで 3Dプリント現場がこんなに変わった!

ソリューション: Laser Sintering, Magics

日産自動車、新車生産準備技術センターでは新車種の形状確認や 実験用モデル作成に粉末焼結3Dプリンタが活用されています。 今回3Dプリント用データ準備ソフト Materialise Magicsと粉末焼結 3Dプリンタ用Sinterモジュールの導入で、日産自動車の3Dプリント 現場がどのように変化したのか伺いました。

高機能3Dプリント用ソフトで実現、トヨタの軽量カーシート

ソリューション: 3-matic, Build Processor, Laser Sintering

「なるべく小体積で軽量、なおかつ最適な熱容量を持つカーシートのプロトタイプを作りたい」。トヨタ自動車と豊田中央研究所からマテリアライズのエンジニア達に寄せられたのは、そんなチャレンジングな依頼。非常に大容量の3Dデータを扱いつつ革新的なシートをデザインするという難易度の高い課題でしたが、マテリアライズのエンジニアチームはこのプロジェクトに喜んで飛びつきました。

フォーミュラグループT 「Areion」: 世界初の3Dプリントされたレースカー

ソリューション: 3-matic, Mammoth Stereolithography, Stereolithography

名門の学生フォーミュラチャレンジ2012グループTで、16名の次世代のエンジニアのチーム「Areion」が、3Dプリントのパーツで製作された世界初のレースカーを発表しました。