マテリアライズの3Dプリント技術が、Nikeのアートプロジェクト実現を支援

ソリューション: Additive Manufacturing, e-stage, Magics, Mammoth Stereolithography

世界初の3Dプリントによるドレス製作の協力者であるDaniel Widrig氏は、ロンドンを拠点とするアーキテクト・デジタルデザイナー。今回、彼はNike FreeおよびNike Flyknitスペシャルエディションのランニングシューズの世界発売のプロモーションにあたり、「動く身体のエッセンス」を捉えた彫像制作のプロジェクトに迎えられました。NikeとDaniel氏が人間の動きの繊細なエッセンスに命を吹き込んだ彫刻実現には、マテリアライズの3Dプリント造形技術とソフトウェアも一役買っています。

Magics が叶えるガウディの夢-サグラダファミリア完成へ向けて

ソリューション: Magics, Rapid Prototyping

世界遺産にも指定されているバルセロナのサグラダファミリア。今は亡きモダニスト建築家、アントニ・ガウディの遺志を引き継いで現在もその建築が進められている「未完の聖堂」として有名です。でもその完成に向け、2001年から3Dプリント(積層造形)が活用されている事をご存知の方は少ないかもしれません。ガウディの夢を叶えるため、マテリアライズの3Dプリント用ソフトウェア Magics も一役買っているのです。

ツタンカーメン王のミイラを3Dプリントで再現

ソリューション: Magics, Mimics Innovation Suite, Stereolithography

「巡回展の最後の開催地ニューヨークで、ツタンカーメン王の精巧なレプリカを展示したい」。巡回展を主催したナショナル・ジオグラフィックからこんな依頼を受けたのは、自然史・先史時代の模型製作専門『スターブ・スタジオ』のゲーリー・スターブ氏。この大きなプロジェクトを遂行すべく彼がパートナーとして選んだのは、全長2mの3Dプリンターを持つマテリアライズでした。