樹脂と金属向けの3Dプリントを30%高速化するMarchesini Groupの旅

ソリューション: e-stage

As a business that runs 3D printers for up to 21 hours each day, Marchesini Group relies on e-Stage to make printing customized parts more efficient. This packaging machinery manufacturer has fully embraced additive manufacturing’s benefits to meet the needs of clients in sectors such as pharmaceutical, cosmetics, and food.

VTT、有機的かつ軽量な油圧バルブを発表

ソリューション: 3-matic, Additive Manufacturing, Build Processor, Magics, Metal 3D Printing

フィンランドのVTT技術研究センターは、油漏れのリスクを最小限に抑えた、強くて軽い油圧バルブを製造したいと考えていました。これは従来の製造技術では不可能な課題であったため、3Dプリントの可能性を探ることにしました。

Hyundai Motor社、自動化ソフトウェアで生産効率を向上

ソリューション: e-stage, Streamics

3Dプリント技術を利用することで、新製品を迅速かつ費用対効果の高い方法で作りあげることができ、設計上の制限や材料の無駄がほとんどない状態でデザインを試すことができます。さて、Hyundai Motor社は、Additive Manufacturing(アディティブ・マニュファクチャリング)の生産をどのように効率的に管理しているのでしょうか。

94%の軽量化、50%の低価格化、そしてパフォーマンスの向上 – 金属3Dプリントのためのサクショングリッパーデザインの最適化

ソリューション: Magics, Metal Production

製造ツールは、アディティブ・マニュファクチャリング(AM)の真価が発揮されるアプリケーションの一つです。その一例として、量産システムで使う軽量な円筒形の物体を持ち上げるためのサクショングリッパーの再設計があげられます。マテリアライズはお客様と密接に協力し再設計を行い、いくつか重要な改善をもたらしました。例えばグリッパー1つあたりの製造コストの半減です。

LatticeモジュールでSmoby用金型設計を最適化

ソリューション: 3-matic, Build Processor, Metal 3D Printing

フランスのトップおもちゃメーカーのSmobyはライトニング・マックィーンのバケツやリュックなど子どもたちの夢を叶える製品を作っています。おもちゃの一部は3Dプリント技術に精通した研究センターであるIPCにより製造されています。ライトニング・マックィーンのミニカーを製造するにあたり、IPC社は車の形状に沿った冷水管を備えた、これまでにない性能を持つ金型を造形することにしました。

トポロジー最適化をより魅力的にするMaterialise 3-matic

ソリューション: 3-matic, Additive Manufacturing, CAD, Magics, Metal 3D Printing

オランダのデルフト工科大学の大学院生は、航空機用エンジンブラケットの体積と重量を最小化するために、トポロジー最適化を使用したいと考えていました。しかしトポロジー最適化されたファイルをCADフォーマットに戻すことに時間がかかりすぎるという問題を抱えていました。 Materialise 3-maticに出会うまでは。 

CommScope社が1週間で生産数を倍増させることに成功

ソリューション: Laser Sintering, Magics, STL

CommScope 社と Materialise AMコラボレーションは、18年間で大きく広がりました。 生産数が拡大するにつれ、CommScope 社はパーツの配置にMaterialiseSinter モジュールを利用することにより生産数を倍増させることに成功いたしました。

受注増の現場をバックアップ - 金属加工のスペシャリスト日進製作所がe-Stage for Metalを選んだ理由

ソリューション: Additive Manufacturing, e-stage, Magics, Metal 3D Printing

自動車に使われる金属部品や工作機械の製造、金属3Dプリンタによる試作部品の製造などを手掛けている日進製作所。急増する受注と短納期の依頼に対していかに生産性を高めるかが必須の課題に。Materialise Magicsとe-Stage for Metalを導入した経緯と、その効果を伺いました。

453分割された靴の底面にテクスチャリング

ソリューション: 3-matic, Build Processor, e-stage, Magics, Stereolithography

靴メーカーは、靴底を鋳造するためにマスターを使用することが多いです。最近では、大手の靴メーカーにおいては、靴底の種類ごとに型を作るのではなく、靴底が3Dプリントされています。各表面領域にテクスチャを手動で割り当てるには、多くの時間がかかります。さらに、コンピュータでは処理できない膨大なサイズのSTLファイルを作成することになります。

Tata Motors 試作品生産の効率を改善

ソリューション: 3-matic, e-stage, Laser Sintering, Magics, Stereolithography

タタ・モーターズは、900万台以上の自動車、バス、トラックなどを製造しており、インドの自動車産業をリードしています。また、生産量の大半を自国で生産することで、インドの成長を刺激するために立ち上げられたインド政府の「Make in India」政策に貢献しています。インドの自動車産業の牽引役として、彼らは、レーザー焼結機と光造形機の両方を使用して、試作品開発のための新技術として3Dプリンティングを活用することに積極的に挑戦しました。しかし、これらの技術を最も効率的に使用するにはどうすればよいのでしょうか?

Cad2realityはMaterialise Magicsで建築デザインに命を吹き込む

ソリューション: Magics

ソフトウェア開発を専門とする家族経営のAFASは、自社設計の新本社への移転を計画していた。彼らは、複雑な建築設計をスケールモデル化する専門家であるCad2realityに3Dプリントのマケットを依頼しました。

Materialise ソフトウェアが世界最大のジェットエンジンの開発に貢献した経緯

ボーイング社の次世代ジェット機777Xのために開発された世界最大のジェットエンジンGE9Xは、2018年3月にGEの飛行試験場で初飛行を行いました。その重要な3Dプリントされたタービン部品がどのようにMaterialiseソフトウェアソリューションを使用して作成されたか、また、これらの同じソリューションがどのようにIndustry 4.0の認証製造による量産の力になるかをご覧ください。