3Dプリントで進化する、Phonak社のカスタム補聴器

ソリューション: Magics

Phonak社は補聴器製作に3Dプリントとマテリアライズの3Dプリント用ソフトウェアを利用することで、補聴器製作のプロセスを新しくデジタル化・自動化に成功。製作時間を短縮しつつも、外側からは見えない耳の深くまでフィットする設計が実現され、より装着しやすく音響上でも最適化された補聴器が製作可能になりました。 

ツタンカーメン王のミイラを3Dプリントで再現

ソリューション: Magics, Mimics Innovation Suite, Stereolithography

「巡回展の最後の開催地ニューヨークで、ツタンカーメン王の精巧なレプリカを展示したい」。巡回展を主催したナショナル・ジオグラフィックからこんな依頼を受けたのは、自然史・先史時代の模型製作専門『スターブ・スタジオ』のゲーリー・スターブ氏。この大きなプロジェクトを遂行すべく彼がパートナーとして選んだのは、全長2mの3Dプリンターを持つマテリアライズでした。