VTT、有機的かつ軽量な油圧バルブを発表

ソリューション: 3-matic, Additive Manufacturing, Build Processor, Magics, Metal 3D Printing

フィンランドのVTT技術研究センターは、油漏れのリスクを最小限に抑えた、強くて軽い油圧バルブを製造したいと考えていました。これは従来の製造技術では不可能な課題であったため、3Dプリントの可能性を探ることにしました。

94%の軽量化、50%の低価格化、そしてパフォーマンスの向上 – 金属3Dプリントのためのサクショングリッパーデザインの最適化

ソリューション: Magics, Metal Production

製造ツールは、アディティブ・マニュファクチャリング(AM)の真価が発揮されるアプリケーションの一つです。その一例として、量産システムで使う軽量な円筒形の物体を持ち上げるためのサクショングリッパーの再設計があげられます。マテリアライズはお客様と密接に協力し再設計を行い、いくつか重要な改善をもたらしました。例えばグリッパー1つあたりの製造コストの半減です。

トポロジー最適化をより魅力的にするMaterialise 3-matic

ソリューション: 3-matic, Additive Manufacturing, CAD, Magics, Metal 3D Printing

オランダのデルフト工科大学の大学院生は、航空機用エンジンブラケットの体積と重量を最小化するために、トポロジー最適化を使用したいと考えていました。しかしトポロジー最適化されたファイルをCADフォーマットに戻すことに時間がかかりすぎるという問題を抱えていました。 Materialise 3-maticに出会うまでは。 

フィリップス 閃きの瞬間: 3Dプリンティングが必須の生産思考に

ソリューション: Additive Manufacturing, Metal 3D Printing

Materialise社とPhilips Lighting社は共同で、3Dプリンティングが生産環境の部品に提供できるメリットを探りました。彼らが最初に開発した2つの部品、ランプホルダーブラケットは、以前は部品の不具合が発生しやすいものでしたが、再設計されたサクショングリッパーは、運用上の利点により、年間約89,000ユーロのコスト削減を実現しています。

スマートグラスを提供するスマートな方法。3DプリントがアキレスデザインとIristickの市場対応を支援

ソリューション: Certified Additive Manufacturing

Iristickのスマート安全メガネは、デザインと電子工学の最先端を行く製品です。アキレスデザインはマテリアライズとの協力により、Iristickを予定より6ヶ月以上早く少量生産に移行させ、初期投資コストを削減し、顧客の要求に合わせた機動性のある製品を市場に投入することができました。

3Dプリントされたパーツがついにエアバス機内の内装に。

ソリューション: Certified Additive Manufacturing

航空機材のレトロフィット(古い機体を改装、改良すること)する際「リードタイム」は欠かすことのできない要素。客室が新しくなる時、パネルやスペーサー部品のデザイン変更が必要になることもしばしば。そんなときに求められるのは、素早く少量生産することです。そういったスペーサーパネル製造における効率のよい解決策を探していたエアバスが見出したのは、マテリアライズの航空宇宙分野での認証を得たAM製造。

チタン製人工衛星用ジョイント部品、金属3Dプリントで66%軽量化

ソリューション: 3-matic, Metal 3D Printing

人工衛星を軌道に乗せる際、その重量1kgあたりに約200万円もの費用がかかること、みなさんはご存知でしたか?マテリアライズの3Dプリントサービス事業部とITサービス企業 Atos は新型パーツの重量を旧型と比べ66%削減することに成功しました。

顔面スキャンと3Dプリントでつくる究極のオーダーメイド眼鏡 Yuniku

ソリューション: Certified Additive Manufacturing

眼鏡選びの課題をテクノロジーの力で解決する世界初の試み「Yuniku(ユニーク)」。好きなフレーム、必要なレンズ、そして3Dスキャンした顔形状の情報を取り入れると、ソフトウェアがレンズを最適な位置に固定して、そのまわりに眼鏡フレームを自動3D設計。眼鏡を着用する消費者がフレームの微調整を行うこともできます。出来上がったデータは3Dプリンターで出力され、指定のレンズと合わせて組み立てられます。

マテリアライズが日本国内に医療用3Dプリント製造拠点を新設、スピーディな患者適合型サージカルガイド提供へ

ソリューション: Streamics

3Dプリント用ソフトウェア、ならびに工業・医療用の高度な3D造形サービスを提供するマテリアライズ(本社:ベルギー・ルーベン市、CEO:フリード・ヴァンクラン)は2016年10月18日、川崎市内に医療用3Dプリント製造拠点を新設したことを発表いたします。

マテリアライズの3Dプリント技術が、Nikeのアートプロジェクト実現を支援

ソリューション: Additive Manufacturing, e-stage, Magics, Mammoth Stereolithography

世界初の3Dプリントによるドレス製作の協力者であるDaniel Widrig氏は、ロンドンを拠点とするアーキテクト・デジタルデザイナー。今回、彼はNike FreeおよびNike Flyknitスペシャルエディションのランニングシューズの世界発売のプロモーションにあたり、「動く身体のエッセンス」を捉えた彫像制作のプロジェクトに迎えられました。NikeとDaniel氏が人間の動きの繊細なエッセンスに命を吹き込んだ彫刻実現には、マテリアライズの3Dプリント造形技術とソフトウェアも一役買っています。

Magics が叶えるガウディの夢-サグラダファミリア完成へ向けて

ソリューション: Magics, Rapid Prototyping

世界遺産にも指定されているバルセロナのサグラダファミリア。今は亡きモダニスト建築家、アントニ・ガウディの遺志を引き継いで現在もその建築が進められている「未完の聖堂」として有名です。でもその完成に向け、2001年から3Dプリント(積層造形)が活用されている事をご存知の方は少ないかもしれません。ガウディの夢を叶えるため、マテリアライズの3Dプリント用ソフトウェア Magics も一役買っているのです。

アディダス Futurecraft:3Dプリントで究極のランニングシューズを生産

ソリューション: 3-matic, Additive Manufacturing, Streamics

アディダスは、アスリートの足に合わせて3Dプリントで生産を行うランニングシューズ用ミッドソール「adidas Futurecraft 3D(フューチャークラフト・スリーディー)」を発表。