453もの靴底面にテクスチャリングを:テクスチャリング機能の価値を見出す

ソリューション: 3-matic, Build Processor, e-stage, Magics, Stereolithography

靴メーカーは、靴底を鋳造するためにマスターを使用することが多いです。最近では、大手の靴メーカーにおいては、靴底の種類ごとに型を作るのではなく、靴底が3Dプリントされています。各表面領域にテクスチャを手動で割り当てるには、多くの時間がかかります。さらに、コンピュータでは処理できない膨大なサイズのSTLファイルを作成することになります。

フィリップス 閃きの瞬間: 3Dプリンティングが必須の生産思考に

ソリューション: Additive Manufacturing, Metal 3D Printing

Materialise社とPhilips Lighting社は共同で、3Dプリンティングが生産環境の部品に提供できるメリットを探りました。彼らが最初に開発した2つの部品、ランプホルダーブラケットは、以前は部品の不具合が発生しやすいものでしたが、再設計されたサクショングリッパーは、運用上の利点により、年間約89,000ユーロのコスト削減を実現しています。

Tata Motors 試作品生産の効率を改善

ソリューション: 3-matic, e-stage, Laser Sintering, Magics, Stereolithography

タタ・モーターズは、900万台以上の自動車、バス、トラックなどを製造しており、インドの自動車産業をリードしています。また、生産量の大半を自国で生産することで、インドの成長を刺激するために立ち上げられたインド政府の「Make in India」政策に貢献しています。インドの自動車産業の牽引役として、彼らは、レーザー焼結機と光造形機の両方を使用して、試作品開発のための新技術として3Dプリンティングを活用することに積極的に挑戦しました。しかし、これらの技術を最も効率的に使用するにはどうすればよいのでしょうか?

Cad2realityはMaterialise Magicsで建築デザインに命を吹き込む

ソリューション: Magics

ソフトウェア開発を専門とする家族経営のAFASは、自社設計の新本社への移転を計画していた。彼らは、複雑な建築設計をスケールモデル化する専門家であるCad2realityに3Dプリントのマケットを依頼しました。

Materialise ソフトウェアが世界最大のジェットエンジンの開発に貢献した経緯

ボーイング社の次世代ジェット機777Xのために開発された世界最大のジェットエンジンGE9Xは、2018年3月にGEの飛行試験場で初飛行を行いました。その重要な3Dプリントされたタービン部品がどのようにMaterialiseソフトウェアソリューションを使用して作成されたか、また、これらの同じソリューションがどのようにIndustry 4.0の認証製造による量産の力になるかをご覧ください。

スマートグラスを提供するスマートな方法。3DプリントがアキレスデザインとIristickの市場対応を支援

ソリューション: Certified Additive Manufacturing

Iristickのスマート安全メガネは、デザインと電子工学の最先端を行く製品です。アキレスデザインはマテリアライズとの協力により、Iristickを予定より6ヶ月以上早く少量生産に移行させ、初期投資コストを削減し、顧客の要求に合わせた機動性のある製品を市場に投入することができました。

AMシミュレーション:パーツの最良の方向とサポートの構成に関するガイド

ソリューション: FEA, Magics, Magics 3D Print Suite, Metal 3D Printing

積層造形(AM)の最大の利点の1つは、パーツを自在にカスタマイズできることです。この技術は、頭蓋顎顔面(CMF)外科手術などの医療分野の患者に最適なサイズ、形状、および機械特性を提供するために個別に設計されたインプラントの製造に最適です。

MaterialiseのソフトウェアとGE Sensingの技術はAMの認定を促進する

ソリューション: Magics

積層造形(AM)は、複雑で機能的なパーツの製造に最適な造形技術です。航空宇宙業界と医療業界の大企業は、AMを使用してコストを削減し、軽量化し、機能を強化できることを興味深い実例で示しました。ただし、技術を実装する際の認定プロセスは最も重要な課題の1つとして残っています。

チタン製インサートの変形の予測:シミュレーションソフトウェアの能力

ソリューション: Magics

Sandwich panels are used in aeronautics and aerospace applications where high structural rigidity and low weight are required. Together with ATOS, a global leader in digital services, we have developed a lightweight titanium insert design for a sandwich panel. The insert design was specifically developed for production with Additive Manufacturing (AM) and allowed for a 66% weight reduction of the traditional insert design, which has a brick-like shape.

3Dプリントされたパーツがついにエアバス機内の内装に。

ソリューション: Certified Additive Manufacturing

航空機材のレトロフィット(古い機体を改装、改良すること)する際「リードタイム」は欠かすことのできない要素。客室が新しくなる時、パネルやスペーサー部品のデザイン変更が必要になることもしばしば。そんなときに求められるのは、素早く少量生産することです。そういったスペーサーパネル製造における効率のよい解決策を探していたエアバスが見出したのは、マテリアライズの航空宇宙分野での認証を得たAM製造。

日産自動車に聞く Materialise Magics と Sinter モジュールで 3Dプリント現場がこんなに変わった!

ソリューション: Laser Sintering, Magics

日産自動車、新車生産準備技術センターでは新車種の形状確認や 実験用モデル作成に粉末焼結3Dプリンタが活用されています。 今回3Dプリント用データ準備ソフト Materialise Magicsと粉末焼結 3Dプリンタ用Sinterモジュールの導入で、日産自動車の3Dプリント 現場がどのように変化したのか伺いました。

3Dプリンタ製アルミドローン、Materialise e-Stageの利用でサポート除去時間を半分に

ソリューション: Aluminium, e-stage, Metal 3D Printing

フランスの大手サービスビューロvolum-eが、新たに発表された Materialise e-Stageの金属サポート自動生成機能を用いてアルミ製のドローンを3Dプリント。サポート設計時間を80%、サポート除去時間を50%短縮することに成功しました。