GEが語る ものづくりに3Dプリントを取り入れるなら「今がその時」

Yui Takahara
1月 11, 2017

アメリカの巨大企業GE(ゼネラル・エレクトリック)社。昨年11月にドイツで行われた製造業の見本市「Formnext」でブースを共有し、共同展示を行ったマテリアライズとGEは、強力なパートナーシップを結んでいます。航空機パーツの製造に3Dプリントを本格的に取り入れ、業界に革命を起こしつつあるGEが「現在、3Dプリント業界に大きな変化が起きている」と語ったインタビューの様子をお届けします。

詳しく読む

医用画像用「3Dイメージング・ラボ(中央放射線室)」新規開設時のポイント

Yui Takahara
12月 14, 2016

イギリスNHS財団シェフィールド大学病院の臨床技士であり、専任のエンジニアも努めるピーター・メセラル博士。大学病院内の「シェフィールド・3Dイメージング・ラボ(中央放射線室)」技士のリーダーとして、臨床を目的とした高度な可視化、医療画像の調査や応用研究用の定量的な画像使用の有用性を向上させることが彼のミッション。彼自身立ち上げに深く関わった病院内3Dイメージング・ラボについて、インタビューに答えていただきました。

詳しく読む

金属3Dプリントと職人技が命を吹き込む、ビンテージ風腕時計

Yui Takahara
12月 05, 2016

「ビンテージ風のデザイン、繊細な手作業、そしてテクノロジーの融合に、ずっと魅了されてきた」。そう語るのは「ホルセンリックス・ウォッチ」(Holthinrichs Watches)の創業者、ミヒル・ホルセンリックス氏。金属3Dプリント技術を通じ、新たなカスタマイゼーションの可能性と自由なデザイン性を腕時計づくりに取り入れようと奮闘する、新鋭腕時計職人です。彼は先月末にこの3Dプリンタ製腕時計ブランドを発表したばかり。昔ながらの職人技と最新の金属3Dプリントを融合し、美しいビンテージ風腕時計に仕上げるミヒルのアトリエを覗かせてもらいました。

詳しく読む

ウェビナーで学ぶ、THA後の大腿骨有限要素モデルの構築と骨リモデリングの解析

Yui Takahara
11月 28, 2016

Dr. Plumdita Jonas Aditya, Department of Mechanical Systems Engineering , Faculty of Engineering , Niigata University, is an expert in impact engineering and biomechanics. Dr. Mimics , a software for biomedical engineering by Materialize, was included in the research of the teacher who adopted finite element analysis (FEA) aiming at design improvement and optimal position determination of total hip arthroplasty (THA) instruments, which is increasing in Japan. Innovation Suite for Research is  also active. This time, we will focus on the relationship between FEA and bio-medical engineering, and publish a detailed video of Dr. Plumdita's research ! This is a valuable lecture that can only be seen here.

詳しく読む

チタン製人工衛星用ジョイント部品、金属3Dプリントで66%軽量化

Yui Takahara
11月 28, 2016

人工衛星を軌道に乗せる際、その重量1kgあたりに約200万円もの費用がかかること、みなさんはご存知でしたか?だからこそ、重量最適化は宇宙探査機用のパーツを設計する際の最大の課題。ただし軽ければいいというものでももちろんなく、確かな強度や高い機能性も同時に要求されます。マテリアライズの3Dプリントサービス事業部がヨーロッパで3番目の規模を持つITサービス企業 Atos と共同で挑んだのは、チタン製人工衛星用ジョイント部品の「変革」。複雑な形状も難なく出力できる金属3Dプリントの強みを十分に活かし、新型パーツの重量を旧型と比べ66%削減することに成功しました。

詳しく読む

化石の3Dモデル化で解き明かす、ティラノサウルス進化の新事実

Yui Takahara
11月 25, 2016

通常人体の構造を研究するために使われるソフトウェア「Materialise Mimics」。しかし中にはステファン・ブルサット博士のように、このソフトを人間以外の研究に応用する方も。エディンバラ大学脊柱動物の古生物研究グループのリーダーも努める博士の研究対象は、恐竜の化石。なかでも博士が情熱を傾けるのは恐竜の王とも呼ばれる獰猛な肉食恐竜、ティラノサウルスです。そんな博士が Materialise Mimics で化石を3D可視化して初めて明らかになった、ティラノサウルス進化過程に関する新事実とは?

詳しく読む

瘢痕(はんこん)化した心臓組織を3Dプリント、不整脈のリスクを測る

Yui Takahara
11月 22, 2016

ふたつの病院から成る「ロイヤル・ブロンプトン&ヘアフィールドNHS財団」は、以前から治療に3Dプリントを活用してきたイギリス・ロンドンの国営医療機関。心臓と肺の医療に特化したこの財団では、先日患者の心臓MRIスキャン画像に基づいた心臓モデルの3Dプリントを新たに開始しました。何よりも最も革新的なのは、彼らが心臓の瘢痕(はんこん)部位を可視化して3Dプリントする方法を開発したことです。

詳しく読む

粉末焼結3Dプリント効率化に役立つMagics新バージョンの注目新機能2つ

Yui Takahara
11月 08, 2016

次世代製造業を担う企業が一堂に会するドイツの一大見本市「formnext」には、日本から参加する方も少なくありません。世界の主たる3Dプリント企業が集まるこの展示会には、マテリアライズもブースを構えます。このformnextに合わせ、マテリアライズは業界標準の3Dプリント準備ソフト「Materialise Magics」の新バージョン21を正式発表予定。既にベータテストを開始しているこの新バージョン21では、基本機能だけではなくモジュールもパワーアップしています。新バージョンの正式リリースを前に、今回のブログでは大量のパーツ自動配置で効率的な粉末焼結3Dプリントを実現する「Sinterモジュール」に加わった注目の新機能2つを紹介!

詳しく読む

ベルギー人冒険家、3Dプリンタ製SEIKO Xchangerサングラスをかけ北極へ!

Yui Takahara
10月 24, 2016

北極と南極探検を経た後、極地を旅する果敢な観光客グループを率いるガイドとして働くベルギー人冒険家、ディクシー・ ダンセルコール氏。北極や南極のような過酷な環境で目を守ってくれるサングラスは冒険家にとって大変重要なアイテムですが、珍しい鼻の形をしている彼には、中々合うものが見つけられないのが悩みでした。特に顔とフレームの間に隙間が空いてしまうことは、極寒の地では命取りともなりかねません。そんなダンセルコール氏の悩みを解決したのは、マテリアライズ、SEIKOオプティカル、眼鏡デザイン企業のフート・デザイン・スタジオ三社のコラボレーションにより生まれた、完全カスタマイズ可能な3Dプリンタ製サングラス「SEIKO Xchanger」でした。

詳しく読む

マテリアライズ、日本国内で3Dプリントを用いた医療機器製造を開始

Yui Takahara
10月 18, 2016

近頃はプロトタイプのみならず、最終製品生産への応用も進む3Dプリント技術。カスタム補聴器や3D臓器モデルなど一人ひとり異なる身体の形状に合わせた精巧な機器を製造できるこの技術は、メディカル分野でも重宝されています。世界で強まるこうした流れを受け、マテリアライズは先日、3Dプリントを使った医療機器の製造を日本国内でも開始しました。整形外科・形成外科手術用の治具「サージカルガイド」と各患者の骨を再現したレプリカを3Dプリンターで製造するこの施設。これまで海外で製造していたこれらの機器を日本国内で生産開始することで、納期の大幅な短縮が期待されます。

詳しく読む